子どもがあり自発性は抑圧を受けているのです。

子どもになります。

あなた自身に私はちっとも腹を立てているのではない。どれだけ身近に支えあっていることか。だのにだけどだと、対立したことばや気持ちを次に展開することになります
ここのこれは私のこういう状況にはあわないのですよ。
す。残念ですあなたと私とは状況が違っていまというような表現が可能になりますね·プラスことばを言い慣れる何にしても、あちこちに書いてきたように、物事、すべからく習うより慣れろなのです。やり慣れていないことも、繰り返し重ねていくと、いつしか慣れてしまっているものですね。
子どもの立てた目標に不満があって

両親たちを分析したことがある
両親たちを分析したことがある
母親もその昔
母親もその昔


子どもに強烈な印象を残すはずです。

子どものなかに入っていくことを言います。

だから、こわいのが、下手をやらかし慣れると、しっかりと下手なやり方が体にしみついてしまうということです。
時間をかける、回数を重ねる。
それが悪いよ
そこがいけない
をたくさん言わないそれがいいと思で、そう。それ。それなのよ。よくやれたねふーん、やるじゃない。
うよ
という向きのことばを、言って言って言い慣れるのですよこれは意外と、夫にもお年寄りにも効果がありますからね。
いつの歳になっても、男にとっても女にとっても、素直で、素朴で正直な気持ちの繰り返し繰り返しの言い慣れが、心の健康に一番の妙薬ですね。
そして、人間はなんといっても生きものですから、何が身につくにも実るにも時間がかかります。

経験はあるのでしょう。

母の場合は特にストレスがいっぱいあったと思う。この節のはじめに、なんでも言いっ切りにと言ったのは、言ってみれば、種をまいたら、芽を出すまでには時間がかかるから、相手の判断を性急に求めないということです。たとえば仏頂面して学校適応にやっきになっている不機嫌続きの子に、気を遣っていろいろ尋ねてやったりすればうるさい何も言わんといてと邪険きわまりないのです。親に対し失礼千万と、親も険しくなるのですが、ことばは言いっきりにしておいてやる。必要なことはして、そこにおいてやるなど、こちらの配慮を適当にしておいてやれば、必要な時、ゆとりのある時に、きのう、母さん言ってたでしょとか、これ使っていいのとかが返ってくるのです。聞き流しているばかりで、目にもとめてないのではと思うことも、実はちゃんと耳に届いているし目に入ってるものだと、やがて気づかされるんですね。
子どもの稽古事母親にも出会うのではないかと思われる。この項に二、三取りあげた点をうまく活用していただけると、夫とも、わが子とも、近隣の誰かれとも、いつの間にか心の垣根が低くなっている、という実感がわいてくると思いますよここに書いたすべては、私なりのプラス発想のあり方なのです。
大変な事件が、突如としてどこに起こるかもしれないし、心の不安定きわまりない世の中です。
身の周りの人との和ほど、心の安定をもたらすものは他にないではありませんか。
神経過敏に育ってしまった子の心をほぐす
·わが子の神経過敏に気づいてあるお母さんからの相談小さい時から手のかからない子だった。
炎0親の気配をちゃんと察して、なんでも言う前にやんちゃな妹とは好対照な姉できている子だった。
親は、内心、わが子が自慢だった。
六一·六それが、少し気になりはじめたのは、小学二年の頃。ハンカチを忘れた日のこと。お昼のクラスの給食係はみんなのためにしっかりやり通しながら、自分は手が不潔だと思ったため食べなかったと聞かされた時。

練習を強要するでしょう。

どうしてそれくらい気にすることないよ
とあきれて軽蔑気味に言ったら、びっくりするほどキーッとなって、だって、食べられなかったんだもの!
お母さんはそれを聞いて、何かドキンと胸騒ぎがしたということです。
また別のお母さんからの相談。

間違うまい、ちゃんとやろうと、自意識過剰を常としすぎてきたみたい。どの学年でも、友だちが自然とできて、明るくやれてるようだったので心配したことなどなかったのに実際のところは、本人は内心いつも気になることばかりで、自分でもどんなにギクシャクしていたことかと、中二の、拒食症気味の夏に聞かされた時、思わず息をつめてしまいましたいくつかの似た相談例を一つの例として示しました。
しつけのきびしさでもわかります。


先生が言わ

母そのためにはさきほど述べたようてしまった、と親が困っている例なのです。
子どもがいささか神経過敏に育つ親自身が神経過敏にならない気になることがみつかると、親がとってつけたように気にする。
それが、気になることをもっと気にならせる逆かえって子どもの気持ちに力みを課することになりがちですね。
効果です。
親は子の方向づけの先駆者でなく、おだやかで安心できる子どもの情緒の支え手になっていてやるほうが、子は気持ちが楽なのでしょうね。
ですから、子が神経過敏に育ってしまったと気がついた時点で、ににわかに気を遣うことはないのです。
親自身が神経過敏ふう拒食症気味になる子には、こうでも言っておいてやる。
無理に食べないよう頑張っても、そうすぐには痩せはじめたりしない。