子どもがその目標を見つけることができるよう

子育てはすから親としてのあらゆる先輩同輩の様子

父親の虚像を対比
ミカが描いたんじゃなーい!と身もだえして、さらにもっと大きなウソを重ねざるを得なくなってしまう。
ただ、この場合、そういう判断がついたわけではなく、ウソのつき方に茫然として声が出せなかったのでした。
お母さんは、あまりにも見事なとことん追いつめない力なくそう!と一言つぶやいたものの、お母さんは次のことばが出ませんでした。
でも、そのまま立ちはだかっている娘に、やつとの思いで言いました。
どれどれ、見せて

ほら、こんな!!
こうぜん浩然と気張って、誰かよその子のいたずらを訴える調子のわが子の態度に合わせていけないわねえ。こんなところに落書きなんてと、つぶやくように言うと、子がそれに合わせて、さも他人を咎めるように
ホントニイケナイコトヲシテイル!

広川君をいじめ続けていた金沢君の家庭は、経済的には裕福ながら、問題で破局寸前。しかも父のふしだらは初めてのことではないのです。
両親は父親の女性担任の清貞先生は、再三私をたずねて来てくれたので、この節の最初のくだりは、私がいじめたほうの金沢君にじかに会って、話を展開するきっかけづくりに頑張った部分なのです。
いくつかの例のポイントを合わせての事例ですが、実際例はとてもとても複雑な現実が重なりあっていて、とてもこんなスペースに書ききれるものではありません。実際にどう向けていくかの示唆にとどめておくことにします。

ウソのつけない子に育てる

·ウソを治す特効薬またウソをついている!
と気になった時は、ちょっとした工夫が大切です。

ほんとうかな?信じられない
とばかりに、それってウソじゃないの?と問いつめると、ウソだとは白状できずに、きっとなって、疑うの?本当なのにとうそぶく「どうしてまた、そんな見えすいたウソばかり言うの。ウソつきは泥棒のはじまりって言うじゃないの。いいの?大泥棒になっても」

学習になるのです。

こんなふうにこわがらせる嫌味は、子どもの元気をなくさせて、むしろもっと悪くなるよう力ませかねないのです。怒らずに黙って、しばらく後に、たとえばこんなふうに言う。
「間違ったことを、間違ったとは言いにくいのに……母さんが今まで怒ってばっかりいたわ。あ、それ、取ってなど、ながらの雑事とともに。間違いだと気づいた時に間違えたことを言っちゃつたと元気を出して言えれば、もっと間違えずにすむのだからね」
つまり、あっさりととりなしてやるのですよ。こわばらすより、ほどくのです。
言う親自身が、自分のことばにほぐされて、胸が切なくなってくるでしょう。
それを·とっさの場合、あせらず一呼吸親が自分自身をこわばらせてしまってはいつもそううまくはいかないものです。
ダメなのです。
といっても、とっさの場合、四歳児の美香ちゃんは、幼いながら事をわきまえたよい子なのに、ある時塗り立ての真っ白い壁に赤いチョークでお人形の落書きをしていた。

教育熱心な親なのであろうか。


子どもが学期末に通信簿をもらってくる先生はほとんどが女性。遠目にその現場を見つけた時のお母さんの驚き。いやそれ以上に、とっさに美香ちゃんのとった行動には、さらに息をつめさせられたのです。
親に見つけられたと思った瞬間、なんと美香ちゃんはその落書きを背でかくすかっこうで壁の前に立ちはだかり、目をむいて大声で
こんなところにラクガキしてるよ!誰か悪い子がしたんや!
と緊張した鋭い目つきでお母さんに訴えたのでした。とっさのウソの大胆さ!
母さんは、頭の中がまっ白になる思いでしたいい子だと確信していたわが子が、こんな見えすいた大ウソをこんな大声で叫ぶなんて

何を言ってるの!見たのよ、お母さん。自分が描いたクセに!
大ウソつき!
と、すんでのところで叫んでしまうところでした。
そう口走ってしまうのを必死でこらえたのです。だって、逃げ場のない追いつめ方をしたらどうなるでしょう。いたずら描きをした上に、ウソをつくという二重の悪いことを、どうでもかくさねばと思い、ワーッと泣いて、ワタシじゃないよ!

学習塾関係者からおそらく

ミカが描いたんじゃなーい!と身もだえして、さらにもっと大きなウソを重ねざるを得なくなってしまう。
ただ、この場合、そういう判断がついたわけではなく、ウソのつき方に茫然として声が出せなかったのでした。
お母さんは、あまりにも見事なとことん追いつめない力なくそう!と一言つぶやいたものの、お母さんは次のことばが出ませんでした。
でも、そのまま立ちはだかっている娘に、やつとの思いで言いました。
どれどれ、見せて

ほら、こんな!!
こうぜん浩然と気張って、誰かよその子のいたずらを訴える調子のわが子の態度に合わせていけないわねえ。こんなところに落書きなんてと、つぶやくように言うと、子がそれに合わせて、さも他人を咎めるように
ホントニイケナイコトヲシテイル!

教育のうちで最大


しつけみんな気持ちよ電車の中で足を踏んだ
と言ったので、お母さんは内心
こんなつくりごとを重ねて言わせておいたら、巧妙な大ウソツキにさせてしまうのではないかしら
と、もう気が気ではありませんでした。でも一方ではいま追いつめてはならない
という戒めが猛烈に強かったのです。
·子どもの思いと同じ深さでところが、美香ちゃんは、消してやる!と声を出したか出さないうちに、小さい両手で拭きだしたので、お母さんは急いで濡れた雑巾を持ってきて、二人でゴシゴシ消したのです。たちまち落書きはあとかたもなく消えました。
消えた消えた、よかったワーと、二人の歓声がわいた時
描いてしまってから、大変と気づいた時、消せなかったらどうしようって思うものねと、ふっと口にしました。

母さんでも同じです。

すると続けて、美香自身が、思いがけずほどけた気持ちに「ホント、消えなかったらどうしようって、と思わずまともな自分の気持ちを表現したのでドキドキしちゃった」

こんな間違ったこと、する子じゃないもの。
してしまってから気づいた時、大あわて!
美香ちゃんの自尊心をいたわってくれる母親の態度に、すっかりほどけた素直さに戻った四歳児は、とっさの言いつくろいで身を固めたことももはやすっかり忘れて
あー、よかったと幼い胸の内をはき出すように言ったのです。
ではない!と必死になり、ただ、
ああ、よかったお母さんは
今誰がしたのかなど問う時と子どもと同じ深さの声だけを息とともにはき出したのでした。同じ思いを同じ深さに。
すると、です。ボロボロとほどけた四歳児の自然なことばが、一気にふき出たのでした。


先生はほとんどが女性。 子どもがその目標を見つけることができるよう 父親として私はどうするかということでした。