子供が思うはずもありません。

いじめは跡を絶たないことになります。


学校から帰って来るのを待ちかまえてと尋ねるのが常になりました。
それをとてもいやがるのだから困ってしまいました。
わが子にとって、男の子の扱いがわからない子どものことでこんなに懸命になったことがないと思うほど、さあどうかしなくてはと気負いたち、努めれば努めるほど、あの子をいらだちに追い込んでいるのではと、今は実に大切な時だと思うのですが、女きょうだいだけで育って、心配でたまらなくなりましたちょうどこういう時だったのです。
に来られたのは……。
私の本を読んで、このお母さんが私のところへ相談お互いに違った精神を抱く時「ご主人は古巣の奈良に戻って安堵の思いでいる。それを見ているあなたは、ああ私も自分の古巣が懐かしい、でももはや帰るところはなくなっているとの不満と不安でイライラ。
しかも転居直後で落ち着かな~。耕一君はと言えば、思春期特有の不安定さの上に、はじめての関西暮らしによる周りとの不協和音。
教育をやめるとか親

母さんの気持ち

お父さんにとってほっとする故郷でも、子どもたちにとってははじめてのもの慣れない関西。瞳ちゃんも幼いながらそれなりに努力しており、自分のことで精いっぱい。これまでで一番家族の気持ちのありようが、バラバラに別れた時期なのですね」
こう推測する私のことばに、久野夫人はこう話しました。
言われてみるとそうですのね。
家族のみんながはじめての関東で寄り添いあったのとは、このたびの奈良への引っ越しは違いますね。私、妙に夫やわが子と自分とは、別個の存在なんだ、というなんか疎外されているという感じで心もとなく孤独なんです。

 

成績が落ち始めついに登校拒否になってしまい

耕一には、何でも言ってと頼めば頼むほどそっぽを向かれるばかりで、どうしていいのか分かりません。耕一の今まで見せたことのないいらだったうっとうしそうな顔をみてると、私を毛嫌いするのは、私にもともと母親としての愛情が欠けていたのかしらと、心配になってこのあいだも耕一、母さん、何かおかしい?何が気に入らないのか言ってと言うと、らを立てたように激しく
おまえのことはおまえで勝手にやれよ。うるせーんじゃ。いろいろと!
むかつばって……。いつからおまえ呼ばわりになったんでしょう。こちらに引っ越して、にわかにあんなふうな変わりよう。私、親として自信がありません私はこう答えました。
分かりあうというのは、なんでも知っておいてやるということではないのですよ。気分をキャッチしおいてくれている、とでも言うのかなあ。
伸ばしてあげてほしいのです
幼稚園でいい子だ

子どもを実験すれば

どうだった?って、執拗に聞いたり、言わせたがったりするよりも、帰宅してきたわが子の様子を見ただけで、学校でのノリの悪さを察知して「ああ、ごくろうさん。学校に慣れるまで気疲れするわよね。熱いお茶でもいれようか?クッキーの残りがあるから、あれをどうぞ。あなたの大好物」
なんて、親は自分の判断で、少々ズレていてもいいから、あっさりと安定した態度でいたわってやるのですね。ズレていたら子どもが訂正しますよ
あっ、クッキー残ってるの。やったぁ。ことばがさあ、なんだかダサイんだよ。気疲れとかさ、大層なことじゃないんだけど。標準語で自然にしゃべってるのが羨ましいのか、奈良の連中ったら、ひがんでやがんのなんて、子どもからつい平生の思いがことばに出やすい雰囲気ができますよことばが少々荒れていたとしても、彼なりに学級でのやりとりに合わせるのに懸命なんでしょう。

子どもは驚いてその様子を見に行きました。

なさいね。
いちいち目くじら立てるのはやめて、気持ちの流れを大切にしてやり気持ちの交流がスムーズだと、あなた自身親として、で神経質に考えることなどなくなってしまいますよ愛情が欠けてるのかどうかまそれじゃあ私、親として自信をもってていいんでしょうか
「そんな質問をことさらになさると、私、子どものように反発心がおこります。そんなぁなたが、自信を持ってなぜ悪いのでしょうかって、意地悪く聞き返したくなりますよ」
とまどいとはにかみと自信との交錯したさわやかな笑顔が、私の前にはありました「自信を持っていいのですよ。
子どもに対する評価

子育ては不安ととまどいの連続です。


愛情については、私は自信がある。そう確信したら、いい関
係が自然に整って、自分にふさわしい愛情が心の底から湧いてきますよ」
愛情は元からあるのではなく、胸がぬくもって出やすくなると湧いて出るものなのです。
三カ月ほど後に、彼女は二度目の来所をしました。
「お話しくださったテープの録音、何度も何度も聞きました。率直に言って、先生の話をじっと聞きながら、実際のあれこれ、耕一についての記憶を思い浮かべてばかりいました。
そしてすっかり自信を回復しました。これからはしっかりやってみます。ありがとうございました」