真白き衣にて覆われる

日曜日は00リラと言った具合にメーター以外の追加料金がかかる場合が多い

フィレンツェ女性たちの注目を!身に集めていた
こちらは入場無料。ショップの一角からはゴールポストを通してスタジアムの内部を見ることもできます。スタジアム見学ツアーと博物館を見たい方は、地下鉄を降りてスタジアムの左手の方に回ると入場門がありますが、こちらは有料(2016年9月現在で大人が17ユーロ)です。ご興味のある方はぜひご覧になってください。ショッピングはイタリア人との交流の場ショッピングは人それぞれ求めるものが違うので、なかなかアドバイスが難しいのですが、イタリアでは専門店、それも個人商店に近い店がまだまだたくさんあって、個性豊かな揃えをしていると言う点をまず頭に置いてもらうことでしょうか。

途中、エトルリア時代の墓が出土したりしながら、井戸は10年近くかかって一五三七年にようやく完成。水を汲んで昇るロバと降りるロバとが途中でぶつからないよう二重螺旋階段になっている。オルヴィエート最大の見どころは、街のサイズに不釣り合いなほどに巨大な大聖堂である。きらびやかなモザイクや繊細な浮き彫りに覆われた重厚なファサードの、幾何学的な調和が美しい。内部には、この大聖堂の名を一層高めた「サソ·ブリツィオ礼拝堂」がある。

イタリア人が観光客が来なくなり

ここは壁一面、おどろおどろしい主題によるフレスコ画で埋めつくされている。この世の終末と,最後の審判にそなえて地中から復活する死者たち0悪魔たちに捕らえられ、地獄へと連れていかれる人々。その一方では、神によって選ばれた人々が天国へと迎えられている-。mハネの黙示録』を題材にした一連の地獄絵図は、しかし不思議と、さほどの恐ろしさを観る者に感じさせない。このことは、画家ルカ·シニョレッリによる色彩が非常に明るいことに主たる原因があるだろう。

シエナの縄張りだった


アルト·アディジェではドイツ語と冬場の試合は足元が大変冷え込みます。厚手の靴下、底の厚い靴をまたプラスチックの座席も冷えますので、なりますよ。スタジアムの外で売っているチームのマーク入りのクッションを買って使えば思い出になるし、きっとよいお土産にもサッカーシーズン以外の訪問でも大丈夫イタリアのサッカーシーズンは例年8月下旬から翌年の5月中旬まで。それ以外にもチャンピオンズ·リーグやヨーロッパ選手権などが行われることもありますが、ミラノのサンシーロ·スタジアムではたとえ試合が行われていない時でもサッカー場を見学することができます。2015年夏に開通したばかりの地下鉄5号線のサンシーロ·スタジアム駅を降りると巨大なスタジアムが見え、右の方に行くとスタジアムの·階に併設されたプロショップに入れます。

ローマに多いのは事実だが

こちらは入場無料。ショップの一角からはゴールポストを通してスタジアムの内部を見ることもできます。スタジアム見学ツアーと博物館を見たい方は、地下鉄を降りてスタジアムの左手の方に回ると入場門がありますが、こちらは有料(2016年9月現在で大人が17ユーロ)です。ご興味のある方はぜひご覧になってください。ショッピングはイタリア人との交流の場ショッピングは人それぞれ求めるものが違うので、なかなかアドバイスが難しいのですが、イタリアでは専門店、それも個人商店に近い店がまだまだたくさんあって、個性豊かな揃えをしていると言う点をまず頭に置いてもらうことでしょうか。

十字軍は純粋に軍人だけで構成されていたわけではなく


ヨーロッパではいとも簡単に国境を越え隣町に行くような感覚で隣の国に行く
長いことお世話になった英国には申し訳ないが、田舎のパブに入ったらまず食事の質に期待できない英国とは対極である。日本人にとって、イタリアと言えばまずスパゲッティを思い出すのもやむを得ないが、意外と知られていないのがイタリアがヨーロッパ有数の米どころという点だ。ちょっと古い資料だが一九九三年のイタリアの米の収穫量は百三十三万トン。日本の千二百万トンとはもちろん比較にならないが、元々米どころであったベトナムが二百二十万トンなのと比べればそこそこの量と言えるであろう。イタリア料理に詳しい人は米を使ったリゾットが北イタリアの名物料理であることは知っているが、それでもミラノから五十kmも酉に走ると高速道路の両脇が一大水田地帯となっているのには驚くようである。

ミラノへ向かい

私もミラノに赴任してきた際、マルペンサ空港に着陸する飛行機から見えた、地平線まで一面に広がる水田の光景は強く印象に残っているが、ミラノ·トリノ間の高速道路から見える、水田を隔てはるかに雪のアルプスを望む景色は信州と言っても通用してしまう。日本人には懐かしい光景である。日本で米の大凶作時、海外(特に中国·東南アジア)からの長粒米が輸入され、数年前、印象が強烈なせいか、多くの日本人もイタリアの米はインディカ種の長粒米だと思って当地に来訪されるのだがイタリアでス我々も、普通にスーパーで米が入手できるのは楽である(しかも価格は日本の四分の一から五分の一)。消費者に不評であったーパーマーケットに行けばすぐ判るが、いわゆるジャポニカ種の短粒米が多い。従って、住んでいる同じ短粒米と言っても種類は多く、粒の大きさも味も千差万別。