Post_icon

白髪染めを選ぶ時の条件と注意点

白髪染めは、文字通り白髪を染めるために使う染料のことを指します。

もともと白髪とは、髪の毛の毛根からつくられるはずの色素がつくられにくくなり、髪の毛の黒い色が取れてしまい白く見える現象のことを意味しています。

そのため、もっとも簡単な手法として取られるのが、髪の毛の表面から白髪を有色染料で塗ってしまう白髪染めとなっています。

しかし、単に「色をつければ良い」というモノでも無く、白髪染めを選ぶ際に重視することがあります。

そもそも髪の毛は、頭皮の表面と髪の毛自体の質という、2つの状態を加味して対策をとる必要があります。

これら2つの状態は「皮脂や汗、ホコリやゴミなど」普段の生活で付く汚れだけで無く「髪の毛を荒らす一因である酸度や界面活性剤など」洗浄時に使う成分でも悪影響を受けることがあります。

白髪染めにはそういった髪の毛周辺を荒らさないような種類を選ぶことが重要。

つまり白髪染めを使う際に、その白髪染めが持つ成分をしっかりと把握しておく必要があります。

こうした点を踏まえて、白髪染めを選ぶ時に注意する事柄として「頭皮の表面の性質を荒らしにくい・髪の毛のキューティクルを傷つけにくい」弱酸性・天然成分の染料を持つモノを選ぶ必要があります。

しかし、そういった天然成分の白髪染めを使ったとしても、個人差による影響が考えられます。

白髪染めを使う時は最初に「肌に白髪染めを少量付けてみて、炎症や痛みなどを感じないかどうか確認する」パッチテストを行ってみることも推奨されます。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans