先生はほとんどが女性。

子どもは家庭生活

だから、陰口や姑の嫁いびりや、愚痴や嘆きのたいそうなことは目に余るものでした公然たる一家の首長の指令の下、物々しい冠婚葬祭のとりきめに従い、町や村の伝統的なやり方にはめ込まれた日々の生活、それが社会全体の秩序を守っていたのです。
世界中の人々の暮らしが変わりましたなんといっても産業流通や情報通信の発達が、人々の生活様式をすっかり変えてしまいました。大家族から核家族への移行は実に急速なもので、戦後半世紀余の生活形態の変化に対応しきれぬ人々のとまどいや乱れは、未だに混乱をきわめていると言ってもいいで二度の世界大戦のあと、しよう自分をしっかり捉えなおす大家族時代の、一家の長がとりしきる窮屈きわまりない暮らしも大変なものではあったでしょうが、それなりにどっしりと安定していたものです。
子どもがその目標を見つけることができるよう

いじめに参加する

核家族となってからは、一戸一戸狭い枠組みの中で、それぞれの勝手な気分がぶつかりあい、しかも個々バラバラな暮らしへの不安、人々への不信感もあって、これはこれでかなり大変なのだということが戦後の五十余年のうちに、私たちの深い現実感になってきているのです。
まあ、あまり難しく考えることはいい加減にしておいて、要するに、人間って結局、私がこれまで一貫して主張しているように、自分が自分でありたい-我一方で、人にも認めてもらえてこその心の落ち着きがほしいと思うため-超自我、古い時代のいいところは思い起こし、新しい時代でこそ得られる長所にも感謝して、生きていられる時間って過ぎてみればアッという間のことなのですから、楽しい時間、充実した思いを貪欲に求めていきたいものです-自我の確立
ああ、気づくことの遅すぎる日々無いものねだりは極力やめておく。
偶然であっても自分が求めてそうなったのであっても、あるものをあるがままに最大限に生かすことです。
老父母と思いがけぬ成り行きで、ともに暮らさざるを得なくなったり、すっかり頼りにしきっていた母親を震災で亡くしてみて、老齢でありながらよくあれだけ家事一切を仕切ってくれていたものだと感謝したり。

 

母さんはしよう

口ぐせの愚痴を自分たちは無視するばかりか、逆に被害者意識で文句ばかり言い返していたのだなあ、と反省したり、悔やんだり、母さんごめんとつぶやいて涙をふいたり。気づくことが遅すぎる日々の連続ですね。
·若い世代とは活気が違うお年寄りがいてくれてこそ、共働きが続けられたのだということもあり、逆にお年寄りに口出しされるから夫婦の亀裂が大きくなったのだ、ということもあり、何がいいやら悪いやら私自身、今や正真正銘の老齢に近づいてきました。
やがて、体も気持ちも動きがとれな
くなり、動きがとれないどころか、脈絡のつかないことばかりしでかして、家人やまた状況によっては老人ホームなどにお世話になるやも知れないのです。誰でも年をとってくると、いろんな方々に、どんなご厄介をかけるか、知れたものではないのです。
四十代、五十代は、生き生きした活気の中に自分があるという感じでしたが、六十六歳に近づいた今、私はそういう活気を通り過ぎてきたな、という感じへと日常の思いが自然に変わってしまっているのに気づきます。
子供を持つ
子どもの意こんなこと言ってませんか?

先生はいい長い休みがあると言われる。

老人と接する生きた体験寝たきりの老人がいたからこそ、スポーツ少年である孫も、我を忘れたような跳びはねた日々の暮らしにおさえがきいたんだと、ある母親は語ってくれました。
率直に言って、義母の言いなりになる夫は、嫁としての意識でしか私を見ていない。自分の凄が生き生きと女性として生きる喜びを味わってはいないことを、ちっとも気にしてくれない。夫への不満をいっぱい募らせて今日までを過ごしてきたんです母親の残念さなんか知るはずもなく、大発見夢中の日々ですものね。
子どもは子どもで、ところが、長男の潔が、父親に、ある日、父さんは、おばあちゃんのことを、どう思ってるんだよ
ってちょっと激しい語調で非難しているのですよ。私のいないことを確かめたところで。
私はそっと台所でそれを聞いてしまいました。おばあちゃんがほとんど寝たきりの状態になって、私が大変だということを、子どもはちゃんと見てくれていたのですね。
なんだか日頃の疲れがいっぺんに吹っ飛んでいったように、晴れ晴れしました。
だって、言われたお父さんったら、黙ってしおれて聴いているんですもの。
自分なりに努力したことがちゃんと役立ってると、じわじわ自信がわいたのです。

先生担任の年△組と決められるのまず普通の小

私、愚痴をこぼさない夫や家族を責めないできるだけのことはする疲れすぎた時は、はっきりそういって、手抜きを宣言する「一人ひとりのいいところはできるだけ当人の前で口に出すように努める」などと、自分なりに努力してきたんです。
そのお陰で、家族一人ひとりの様子が変わってきていると思ってはいたんです。
それが、こんな形で確かめられるなんてどんな形であっても、お年寄りがいてくれることがやっぱり大きいのだと、長男のそれからの様子を見て大いに感じたのです。
早練早朝練習に出かける前に、潔君が、うんしょ、うんしょと支えてあげて、背にふとんなどあてがって、窓から空が見えるように起こしてあげているのを見た時、凄として、主婦として、母親として、家族みんながそれぞれに、お互いを大切にする空気が育つているのだと、天にも地にも感謝する思いがこみあげた、と言うのです。
伸ばしてあげてほしいのです

子どもはそれほどお金を使うチャンスもない

叱る拙さに気づいてこそ

心に届く叱り方叱り方って難しいものですね。
例えば、叱られた側の気持ちがくさってしまうような叱り方くどい叱り方
めとても効りはりがなく、なじり倒すような叱り方
果的な叱り方とはいえません。
などは、子どもに嫌がられるだけで、その反対に、すよねよく叱る、激しく叱るのに、とても人気のある先生って、いらっしやいまこういう先生は、叱る時にはピシリと叱り、きりりと引き締まった気持ちにさせたあとは、くどくどと追いつめない。

先生になれる。

父親はまだ外へ出ているから分かるけれど

子供のことを本当に思っているからだという
陽太君は、家で親に見せるさわやかではきはきしたよい子ぶりと、子ども集団で見せるもうすでに板についたものになっているに違いありませ番長ぶりとの二面の使い分けが、んそう考えたほうがいいようです.陽太君のお母さん。
·親の前でのよい子
って?
長い相談の中で、陽太君のような例を、それこそいくつも眺めてきました。
親がよい子であれとわが子に強制し、少しでもわが子のよくない面が見えるとひどく叱り、許しはせぬと息巻くのが常であるために、子はやがて、親の見えるところでは徹底したよい子ぶりを発揮するのが習慣になってしまったわけです。

母親を亡きものにしたことで、歓喜の絶頂にいたというのです少年にとって、ひたすらよい子ぶりを発揮する超自我の化身のような自分を眺めて安心し、満足する母親の存在は、それほど心に重圧を課するうとましい存在だったのです
のつながりもまずまずの程度にこなしていく才覚を培うために努力してやまないもう一つの自分、つまり超自我のとりもち役が、自我なのですね。二つの心のせめぎあいで自我が培われるのです。自我の確立という戦後誰もが聞かされ慣れてきた言葉の意味が、そういうことなのです。
困ったことに、このイド·エゴイズム自我エゴがよく似た字なので、混同されがちで、しかも超自我という用語が、実は昔の修身のように大人から教えられないと身につかぬものを指すと思われがちなため、超自我という言葉がいっまでも耳慣れない。

子どもがトラブルをかかえたとき

えせフロイトの精神分析の原理が理解されないままの似非民主化社会だったというのが、私の戦後社会についての痛感です。正しく理解されない限り人の心も社会も育たないのです

わが子がいじめつ子と気がついて

·わが子に限ってと舞い上がらないでうちの陽太がいじめっ子だなんて、信じられないと母親は、心が動揺しています。
っもいじめられているという子の親から思いつめた調子の電話があったのです。

い私は、ひとからどんな事柄にせよ、非難されることが一番嫌いだし、またされるような覚えは何もないと、それこそ自信があったのに、それもよりによって自慢の息子陽太が、弱い者いじめの張本人だって。

体験をしつづけていくとそれがまさに関西弁でいう


勉強をはじめなくてはならないのです。子供を持つあの母親の電話での思いつめたヒステリックな嘆きと非難の訴え。
思い出すのさえ虫酸が走る。あの子に限って、そんなこと絶対あり得るはずがない!あんな男らしい、いい子が。ああ、この山下の家族が近所近隣の悪意によっておとしめられようとしているのだわ!
もし、お母さんがこんなふうな思いで、それこそ舞い上がってしまうようであれば、これはもう残念ながら、陽太のいじめぶりのひどさは、よほどのものだと、逆に私には見当がつくのです母親が、かくもひどくわが子を見損なっていなさる!

母の配慮がいつ

陽太君は、家で親に見せるさわやかではきはきしたよい子ぶりと、子ども集団で見せるもうすでに板についたものになっているに違いありませ番長ぶりとの二面の使い分けが、んそう考えたほうがいいようです.陽太君のお母さん。
·親の前でのよい子
って?
長い相談の中で、陽太君のような例を、それこそいくつも眺めてきました。
親がよい子であれとわが子に強制し、少しでもわが子のよくない面が見えるとひどく叱り、許しはせぬと息巻くのが常であるために、子はやがて、親の見えるところでは徹底したよい子ぶりを発揮するのが習慣になってしまったわけです。

子どもを見つめつつわが子がもっとも襟を正す


子どもはこのようなことができるだろうか。
そういうことってよくありますねつまり、子どもが超自我-スーパーエゴの化け物みたいなものに、事になり通して親の絶対的な評価をかち得ているのです。
親の前では見親は常々
ああこの子はいい子だと安心した時、成績にたとえれば、せっかく八0点取れるのなら頑張って九0点取りなさい。九0点取れるのなら九五点。九五点が取れるのに九八点取れないわけはない。九八点だって?どうしてそこまで取れて100点にはなれないの?そして、一度100点取れたものなら、いつも100点取れて当たり前でしよう、と、油断をすればつい完璧を望んでしまいかねない。そう願ってこそ親の愛情だなんて、危険な傾向に陥っても気がつかないものなのですね。

母さんが症状を説明している間

陽太は、
徹底して何にでもよく気のつく思いやりのある子だと、母親に信じられているので、母親の前ではそのイメージ通りに振舞わねばならないとつい思いこんでしまって、親の視線の届くところでは超自我の化け物になり切っているわけです。
ある女の子の場合もそうでしたね。その子の母親は学校でもPTA会長等の役職を歴任し、学校の教員たちとも意の通じる、その地域では一目おかれているような方であったし、少女自身も生徒会長として、親にも聞こえる高い評価を教員たちからも得ていました。ところが、表向きの評判とは裏腹に、陰では弱い子いじめの番長ぶりがすごかったのです。
この女の子の場合も問題の要点は全くここにあげる陽太の場合と同じでした。難しいのは親が凝り固まった思い込みから、いつどのように脱することができるかなのですね超自我
の化け物を前にこういう場合、例外のない落とし穴は、親が子どものよからぬ風評を耳にした時、興奮した硬直状態で、これはどうでも真相を明らかにしなければとはやまって、最も信じられるわが子に実にストレートに、こんなふうな対応をしてしまうことです


子供を持つ 教育で得た収穫である。 教育で得た収穫である。