フィレンツェを離れまたはドイツ風コヒーという言い方で注文せねばならないが

イタリア人には余り関係のない料金を問い合わせると

アブルッツォの各都市は異次元の官能に溢れていました。風景を台無しにする宣伝広告も自販機もコンビニもなにひとつありません。あるのは中世そのままの家並みとひっそりと佇む教会でした。「絵」になる町が数知れずありましたアブルッツォ州はイタリアのどこからも簡単にアクセスできる実はとても便利な場所でもぁります。アブルッツォはいわば二一世紀の「ニューツーリズム」といえましょう。

プランの加入前に


バチカン市国が成立したのでした

>事実町中の書店で売っている「ブランド品を買う」「スパゲッティを食べる」「ローマを観る」という組合せを十分味わった人は、次はアブルッツォで「温泉に入る」、郷土料理や土地の食材を使った「スローフードを食べる」、土地の「歴史を学ぶ」、そして「大自然を体験する」という組合せを試みてはいかがでしょうか私はこのアブルッツォに魅せられ、「バンドラの箱」を開けてしまいました。山に海に町に、楽しみ満載のアブルッツォからは、もう、目が離せない、というのがこの旅の感想でした。未だ多くの謎を含んだ歴史上の秘境、それがアブルッツォの宿命であり魅力なのだと思います。それと同時に、アブルッツォに行く前には気づかなかった自分に出会うことができたことで、わたしの思考も生き方も大きく変わりました。今ではアブルッツォの大地と運命が私の細胞に深く浸透していると思わずにはいられません。


イタリア人がそうやって頼んでいることもありました

なかなか負担が大きい訳だが

ローマ教皇を支持すればこれによると、小プリニウスはヴェスヴィオ火山の山頂の火口付近から、松の木のような形の暗い雲が山の斜面を急速に下り、海にまで季崩れ込んだのを見たと記録しているのです。火口から海までを覆ったこの雲は、現在では火砕流として知られております。これは火山が噴火したときに、高温ガスや灰や岩石が季崩れのように流れる現象です。さらに灰がどんどん積もり、海の水がみるみる引いていった後に「津波」がおきたのです。小プリニウスの記述には、太陽が爆発によって覆われてよく見えなかったと続き、大プリニウスはこの現象を調査するために船で再び陸に向かったのですが、窒息死するのでした。ローマ人のお風呂好きの名残なのでした二酸化炭素中毒によるものと現在では考えられております。噴火直後に当時のローマ皇帝はポンペイに使者を出すのですが、た市民が多くいたのでした。市は壊滅したあとでした。市民の多くが火砕流発生前にローマなどに逃げていたのですが、火砕流が発生した時に市内に残っていて助からなかっ発掘された肖像画、フレスコ、国立ナポリ考古学博物館にて噴火によって壊滅した後は二度と集落が作られることはなかったのですが、とは知られていました。その後1000年以上「町」という地名で呼ばれていたこと、そして散発的に古代の品が発見されていたので、下に都市が埋まっているこそして決定的な発見が1594年から1600年に掛けて、サルノの谷を開墾の為に建築家メドニコ·フォンターナが円形劇場付近を掘り始めた時です。


イタリアの米の収穫量は百三十三万トン

土足厳禁である。跪いて上るかどうか悩んだが、先を急ぐ私に心の余裕はなかったため、結局木の階段と並行して作られている石の階段を上った。老いも若きも、富める者も貧しい者もゆっくりと一段上るごとに、祈りをささげてきた証は、すり減った階段を見れば一目瞭然であった。厳格に守られてきた信仰の尊さが伝わってきた。すべての階段を跪いて上って「罪が赦される」というならば、ゆっくりと上ってみたいと密かに思う人は少なくないだろう。

イタリアで錠前屋を営むのは結構いい商売かも知れない

地図を見ればすぐ判る通りイタリア半島に魅特にアトリ「童話『アトリの鐘』の世界へ」カンプリの町を後にして次に目指したのはアトリという町であった。なぜアトリを選んだかといえば、子供の頃、母が読んでくれた『アトリの鐘』という童話を思い出したからである。その町がイタリアのアブルッツォ州に存在していたという驚きは、瞬にして子供時代の懐かしい思い出と記憶を呼び起こしてくれたのだった。一イタリアのもう一つの風景「カランキ(バッドランド)私はカソブリから国道をひたすら南下した。南下するに従ってまばゆい太陽が降り注ぎ、然の恵みを強く感じ始めた。

山のような買物をして帰る

トレント·トリステ広場にぶつかった

イタリア人にとって身近にない文化だから劫って興味を持って読まれるのかもしれないが、未だに謎である。さて、もっと身近に日本を感じる例では、野菜·果物の名前で日本語がそのままイタリア語となっているものが結構ある。柿·大根·梨(いわゆる洋梨ではなく日本風の丸い梨)·モヤシはそのままで通じる。特に柿は完全にイタリア語化し、男性名詞となって1個(つまり単数)ではカコ、複数ではカキとなるのでイタリア人の間でも日本語が元になっているとは余り知られていないようだ。以前、列車の中で柿を知らないイギリス人に柿の事を一生懸命英語で説明しようとしているイタリア人がいたが、柿が東洋から来たと言うことは知っていても、語源までは知らなかった。

よく考えてみれば時報が11分ずれたくらいで日常生活に何か差し障りがあるだろうか


バンテオンから歩いてすぐのところにある

>ヨーロッパなら当然予想される腰掛式のいわゆる洋式便器ではなくイタリア国内はそれにしても日本語でやるTVコマーシャルまで登場したのには笑ってしまった。イタリア人の俳優が最初日本語で子どもたちにしゃべるとイタリア語の字幕が出、子どもたちがイタリア語でしゃべるとご丁寧に日本語の字幕が出るという趣向。これを大手の民放でやるのだから何とも摩訶不思議であるまた、イタリア語は日本語同様、子音,母音の組み合わせが基本なので英語などと比べれば日本人には発音し易いのだが、日本と似た地名や名字がたくさんあるのも面白い。ベローナの北五十キロ程のところにはモリ(Mori)という名前の町があり、同名の駅もある。この近くにはサノ(Sano)だとかナゴ(Nago)という村もあって、初めて車で行った時には随分と面食らった。


ミラノ中央駅列車の場合

邦楽をオルトーナに紹介し

ミラノから国境の検問が廃止されたりこれは我が家が特別に警戒厳重と言う訳ではなく、ミラノではごく普通の現象である。訪問客が敷地に入るには入口にあるインターフォンで目的の家を呼び出して、インターロックを解除してもらわなければならない。従って、通りがかりの人が勝手に自宅の玄関まで入り込むことは出来ない訳で、訪問販売やら、宗教団体の勧誘が次から次にやって来て悩まされることがないのは利点と言えるかも知れない。以前住んでいたロンドンでは塀もない一軒家が普通だったが、その分安全面では問題が多く、我が家も一度空き巣に入られて金目のものだけごっそりと狙いうちされたことがあり、その後暫くは外出する度に電気やテレビを付けっぱなしにしたりしたものだ。イタリアというと日本ではどうも泥棒のイメージがあって、事実空き巣に入られるケースも時たまあるらしいが、身近に見ている限りでは自宅に押し入られるケースはロンドンに比べるとミラノの方が遥かに少ないように思える。ローマ軍の圧勝に終わり毎日重たい鍵を持ち歩き、ポケットが破れそうになる代償に安全を買っているようなものかも知れない。鍵が多いのは自宅だけではなく、事務所に入る時も同じで、殆ど全ての事務所では、住宅と同様にインターフォンで訪問者を確認した後、ドアを解錠するシステム。勤務している人間は鍵を自分で開けて入る訳だが、これも敷地の入口の鍵、建物の鍵、事務所の入口の鍵と複数持たなくてはならない。欧州諸国の治安は比較的良いと言えるが、このようなシステムは別にイタリア特有の現象ではなく、他の欧州諸国でも同様。これに比べると、日本の事務所のシステムは丸裸同然だから、海外で同じような感覚で事務所の管理をすると、色々なトラブルを引き起こすことは必至であろう。


このイギリスとスコットランドとの国境がこのハドリアーヌス帝の長城となるのでした

やがてローマ帝国がイタリア半島を統一すると、地中海貿易の担い手はフェニキア人からロ丨マ人へと代わり、フェニキア人は歴史上の舞台から姿を消してしまう。先ほど見たあの巨大な円形大闘技場の遺跡こそ、フェニキア人に代わってテラモを発展させたローマ人が築きあげた帝国のシンボルだった。他にも、地元貴族の邸宅の床の修復工事をしているときに発見された質の高いモザイク画「ライオン」や、考古学博物館に飾られている古代ローマ時代の彫刻「首のないアフロディーテ」が発掘され、博物館に保存されている。テラモは、古代ローマ帝国の遺跡と現代が上手に共存している町なのだ。だが、巨大だったさしものローマ帝国の繁栄も、そう長くはつづかなかった。

イタリアの中世の歴史を物語る要塞がある

コロッセオなのです運命の四10年がきたからである。ローマ帝国を滅亡に追い込むことに成功したのは西ゴート族であった。もちろんこのテラモも陥落した。そして時代は流れ、今度は航海民族ノルマン人によって町が再建されることになる。彼らは新天地を求めてイタリアへ移住してきたのである。

真白き衣にて覆われる

日曜日は00リラと言った具合にメーター以外の追加料金がかかる場合が多い

フィレンツェ女性たちの注目を!身に集めていた
こちらは入場無料。ショップの一角からはゴールポストを通してスタジアムの内部を見ることもできます。スタジアム見学ツアーと博物館を見たい方は、地下鉄を降りてスタジアムの左手の方に回ると入場門がありますが、こちらは有料(2016年9月現在で大人が17ユーロ)です。ご興味のある方はぜひご覧になってください。ショッピングはイタリア人との交流の場ショッピングは人それぞれ求めるものが違うので、なかなかアドバイスが難しいのですが、イタリアでは専門店、それも個人商店に近い店がまだまだたくさんあって、個性豊かな揃えをしていると言う点をまず頭に置いてもらうことでしょうか。

途中、エトルリア時代の墓が出土したりしながら、井戸は10年近くかかって一五三七年にようやく完成。水を汲んで昇るロバと降りるロバとが途中でぶつからないよう二重螺旋階段になっている。オルヴィエート最大の見どころは、街のサイズに不釣り合いなほどに巨大な大聖堂である。きらびやかなモザイクや繊細な浮き彫りに覆われた重厚なファサードの、幾何学的な調和が美しい。内部には、この大聖堂の名を一層高めた「サソ·ブリツィオ礼拝堂」がある。

イタリア人が観光客が来なくなり

ここは壁一面、おどろおどろしい主題によるフレスコ画で埋めつくされている。この世の終末と,最後の審判にそなえて地中から復活する死者たち0悪魔たちに捕らえられ、地獄へと連れていかれる人々。その一方では、神によって選ばれた人々が天国へと迎えられている-。mハネの黙示録』を題材にした一連の地獄絵図は、しかし不思議と、さほどの恐ろしさを観る者に感じさせない。このことは、画家ルカ·シニョレッリによる色彩が非常に明るいことに主たる原因があるだろう。

シエナの縄張りだった


アルト·アディジェではドイツ語と冬場の試合は足元が大変冷え込みます。厚手の靴下、底の厚い靴をまたプラスチックの座席も冷えますので、なりますよ。スタジアムの外で売っているチームのマーク入りのクッションを買って使えば思い出になるし、きっとよいお土産にもサッカーシーズン以外の訪問でも大丈夫イタリアのサッカーシーズンは例年8月下旬から翌年の5月中旬まで。それ以外にもチャンピオンズ·リーグやヨーロッパ選手権などが行われることもありますが、ミラノのサンシーロ·スタジアムではたとえ試合が行われていない時でもサッカー場を見学することができます。2015年夏に開通したばかりの地下鉄5号線のサンシーロ·スタジアム駅を降りると巨大なスタジアムが見え、右の方に行くとスタジアムの·階に併設されたプロショップに入れます。

ローマに多いのは事実だが

こちらは入場無料。ショップの一角からはゴールポストを通してスタジアムの内部を見ることもできます。スタジアム見学ツアーと博物館を見たい方は、地下鉄を降りてスタジアムの左手の方に回ると入場門がありますが、こちらは有料(2016年9月現在で大人が17ユーロ)です。ご興味のある方はぜひご覧になってください。ショッピングはイタリア人との交流の場ショッピングは人それぞれ求めるものが違うので、なかなかアドバイスが難しいのですが、イタリアでは専門店、それも個人商店に近い店がまだまだたくさんあって、個性豊かな揃えをしていると言う点をまず頭に置いてもらうことでしょうか。

十字軍は純粋に軍人だけで構成されていたわけではなく


ヨーロッパではいとも簡単に国境を越え隣町に行くような感覚で隣の国に行く
長いことお世話になった英国には申し訳ないが、田舎のパブに入ったらまず食事の質に期待できない英国とは対極である。日本人にとって、イタリアと言えばまずスパゲッティを思い出すのもやむを得ないが、意外と知られていないのがイタリアがヨーロッパ有数の米どころという点だ。ちょっと古い資料だが一九九三年のイタリアの米の収穫量は百三十三万トン。日本の千二百万トンとはもちろん比較にならないが、元々米どころであったベトナムが二百二十万トンなのと比べればそこそこの量と言えるであろう。イタリア料理に詳しい人は米を使ったリゾットが北イタリアの名物料理であることは知っているが、それでもミラノから五十kmも酉に走ると高速道路の両脇が一大水田地帯となっているのには驚くようである。

ミラノへ向かい

私もミラノに赴任してきた際、マルペンサ空港に着陸する飛行機から見えた、地平線まで一面に広がる水田の光景は強く印象に残っているが、ミラノ·トリノ間の高速道路から見える、水田を隔てはるかに雪のアルプスを望む景色は信州と言っても通用してしまう。日本人には懐かしい光景である。日本で米の大凶作時、海外(特に中国·東南アジア)からの長粒米が輸入され、数年前、印象が強烈なせいか、多くの日本人もイタリアの米はインディカ種の長粒米だと思って当地に来訪されるのだがイタリアでス我々も、普通にスーパーで米が入手できるのは楽である(しかも価格は日本の四分の一から五分の一)。消費者に不評であったーパーマーケットに行けばすぐ判るが、いわゆるジャポニカ種の短粒米が多い。従って、住んでいる同じ短粒米と言っても種類は多く、粒の大きさも味も千差万別。

それほどまでにダヴィンチの才能は秀でていたのでした

ローマパスのキット内にリストから確認できます

ミラノ·ダービーや対ユヴェントス戦
当然、ギリシャ神殿もあちこちに造られだが、ローマ人の領土もこの頃から各地に拡大してくる。ローマ人はローマから直線距離で行けば約1100キロ先のアドリア海沿岸地域を制圧したかったのだ。アドリア海沿岸地域はトルコやユーゴスラビアからの物資をイタリアに持ち込む重要な拠点だったからである。そのためにはローマ人はなんとしてでも険しいアペニン山脈を開拓し、道路を整備しなければならなかった。それが「ヴァレリア街道」と呼ばれる半島を横断する「ローマの道」の一つであるローマ·ギリシャ文明の古代遺跡だが、その行く手を阻む敵がいた。

ローブウェーを三本乗り継いで、スイスとの国境に出るとマッターホルンをはじめとするアルプスの山々が素晴らしい。マッターホルンを眺めながら、暫くスイス側のなだらかな国境の尾根を滑って行くと、途中に分岐点があり、右スイス、左イタリアとの標識が立っている。ここから延々七キロのダウンヒルでチェルビニアまで降りることが出来るのだが、大した急斜面もなく、家族連れでも十分楽しめるゲレンデであった。ただ、最高地点は富士山の八合目くらいに相当する高さだから、ミラノから車で乗り付けていきなり上に行くと、高山病にかかることもあるので注意が必要だ。一度など、一緒に連れていった長女が二本目のゴンドラの中で高山病でひっくり返ってしまい、大変だったことがあるアルプスのイタリア側は南斜面なので、春スキーともなれば、真っ黒に日焼けすることは請け合い。

イタリア人の名字のほとんどが

スイスから滑って来た連中や、賑やかに滑るイタリア人の一行と抜きつ抜かれっ、誠にイタリアらしいスキーが楽しめる。LOSTUZZICADENTInikkoイタリアの爪楊枝各種ヨーロッパのレストランで(日本料理·中華料理などを除き)爪楊枝が必ずといって良いほどテーブルの上に出てくるのは、イタリアくらいではなかろうか。日本では爪楊枝がテーブルに置いてあるのは、ごく当然の話だからこちらも暫くは意識しなかったが、スーパーマーケットで爪楊枝の棚を見た時には、そのネーミングに些か感激してしまった。爪楊枝の世界もブランドで差別化を図る業界らしく、どこのレストランでも最も良く見かけるのはサムライ·ブランド。もちろんどこのスーパーマケットにも置いてあるし、棚のスペースも最大である。

ドイツとフランスのどちらがこの


必ずここを案内するギリシャ本土が不毛となり、肥沃な土地を求めて地中海やアドリア海に四方八方に散ったのである。その一つがこの地であった。ギリシャ人はつぎつぎに植民市を築き、南イタリアに「大ギリシャ」を造っていく。このいにしえの大植民政策を「マグナ·グラエキア」と呼ぶがヨーロッパや日本のような帝国主義的植民地ではなくある種の移住なのだ。日本風に言うならば、縄文人が弥生人になっていくイメージである。

ヴェネツィアと

当然、ギリシャ神殿もあちこちに造られだが、ローマ人の領土もこの頃から各地に拡大してくる。ローマ人はローマから直線距離で行けば約1100キロ先のアドリア海沿岸地域を制圧したかったのだ。アドリア海沿岸地域はトルコやユーゴスラビアからの物資をイタリアに持ち込む重要な拠点だったからである。そのためにはローマ人はなんとしてでも険しいアペニン山脈を開拓し、道路を整備しなければならなかった。それが「ヴァレリア街道」と呼ばれる半島を横断する「ローマの道」の一つであるローマ·ギリシャ文明の古代遺跡だが、その行く手を阻む敵がいた。

戦争後には深刻な不況へと突入します


ローマ帝国その次にやってくるのが都市国家から発展して一大帝国となった
本数が高速列車に比べると少ないので、座席指定を取っておいた方が無難です。後はRと略称されるレジオナーレ(ローカル列車で、これは各駅停車で座席指定はありません。乗車券の買い方ここ数年でイタリアの鉄道にも急速に自動券売機が普及し、今までのように駅の出札口(ビリエッテリーア-Biglietteria)で長蛇の列を作る必要がなくなりました。ただ、こう言う機械を嫌う人が多いのは洋の東西を問わないようで、今でも大きな駅の出札口には長蛇の列が絶えることがありません。券売機のタイプは皆同じですが、長距離路線用(高速列車を含む)とローカル線用に分かれており、当日売りから一カ月先まで買う事ができます。

ローマ旅行に同行させたおかげローマにとってかわられた

カードしか使えない機械と、現金·クレジット·カードの双方が使える機会がある事にご注意ください。クレジット.券売機はタッチパネル方式で、これは日本の券売機と同じです。言語はイタリア語以外に英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語が選べますが残念ながら日本語はありません(ロンドンの地下鉄の券売機にはあるのに、英語を選ぶのが間違いないですね。最初の画面をタッチすると現れるのが、この画面です(これはイタリア語)。左上のCOMPRABIGLIETTO(切符を購入)をタッチし、行き先、日付、出発時間帯などを指定して、乗りたい列車を指定人数と等級を選ぶと金額が表示されますので、現金を入れるか、クレジット·カードをスロットに挿入します。

率は何と○.九六

ローマの建国伝説に関わるカピトリヌスの雌狼に代表されるルネサンス

ミラノの街中でよく見るのは
歴が余談であるが、現在、私たちが使っているアルファベットは、元レバノン出身のフェニキア人が作った1111文字が由来である。その文字がギリシャ文字、ローマ文字へと発展していくのだが、A、B、Cを「アルファベット」と呼ぶのは、ギリシャ文字の最初の二文字がルファ」とべータ」で、それを合わせて「アルファベット」という。最後の文字は。でも触れたあの「オメガ」である。紀元前、地中海はフェニキア人の天下で、テラモは当時フェニキア人の商業センターだったという。

これは海外へ向かう飛行機に搭乗する前に確認しておくこと。スマホが契約以外の携帯キャリアの電波を使用した通信をしないようにするモードです。勝手にアプリがアップロードのために通信しないようにできるうえ、受信に料金が発生するタイプのメールも受け取らなくなります。これで勝手に海外の携帯キャリアを使用することはなくなります。この設定がONになっていると、パケット通信料の高額請求がくる恐れがあるので要注意です。

夏は窓を開け放しなによりも注意しなければいけないのが

似た機能に「機内モード」というものがありますが、こちらは通話も含めたいっさいの通信をできないように制限するモードなので、Wi-Fiと通話の両方を使うなら「データローミングOFF」,Wi-Fiでインターネットだけ使うなら「機内モード」の設定をしておけば大丈夫です。★ローマ·フィウミチーノ空港についてローマ·フィウミチーノ空港は、別名をレオナルド·ダ·ヴィンチ国際空港ともいい、イタリア最大級の国際空港です。数が多いため、検査場などが混雑することが比較的多く、余裕を持ったスケジュールを立てることをおすすめします。ターミナルは4つですが、1.2.3.5というナンバリングがされています。利用者·交通事情★地下鉄おもな観光名所の近くには地下鉄の駅があり、とても便利です。

ローマもフランスの手に落ちますまず思いつくのは


イタリア人の男性がボルツァーノでは多いのだがその言葉が語源となって「テラモ」と改め、再び城壁などを建築し町を造り替えた。経済的にも農業においても活気があり、現在の人口は五万五000である最初にこの町を造ったのは紀元前に海からその後古代私の手元にある歴史書を拾い読みしてみよう。やってきた商業民族フェニキア人だと説明されている。彼らが最初に都市を築き、ローマ、中世を経て現代まで生き続けてきたわけであるフェニキア人とはギリシャ語の呼び名であって、ローマ人はポエニ人と呼んでいた。昔、史の授業で習った「ポエニ戦争」(紀元前二六四年から前一四六年までの三度にわたる戦争)フェニキア人とローマ人の戦いだったことをあらためて学びなおした。

なんとドイツ米も広い意味ではパスタと見なされるよう

歴が余談であるが、現在、私たちが使っているアルファベットは、元レバノン出身のフェニキア人が作った1111文字が由来である。その文字がギリシャ文字、ローマ文字へと発展していくのだが、A、B、Cを「アルファベット」と呼ぶのは、ギリシャ文字の最初の二文字がルファ」とべータ」で、それを合わせて「アルファベット」という。最後の文字は。でも触れたあの「オメガ」である。紀元前、地中海はフェニキア人の天下で、テラモは当時フェニキア人の商業センターだったという。

ヨーロッパではそれを生業にして宮廷を渡り歩く男たちがまだまだいた


隣の席が空いた途端にわざわざ来て我が家の赤ん坊を抱っこしたのには驚いた
三人の女神はそれぞれ美しく着飾り、ヘラはパリスの前にたち、そっと耳元にささやきます。「自分を選んでくれたら世界の支配者にしてあげるわ」とアテナは「すべての戦に勝たせてあげるわ」とそしてアプロディテは「一番美しい女をあげるわ」と若いパリスはアプロディテを選びます。こうしてアプロディテは·貫してパリスとその生まれ故郷であるトロイアの見方となるのです。さて、トロイアの敵対国、ギリシャ諸国のなかでも一番の強国、スパルタ。このスパルタの美しい王妃レダいつも白鳥の集まる泉で沐浴をするレダ、そしてそのレダを大神ゼウスが見初め、交わって卵を生ませます。

ユネスコの無形文化遺産に登録されています

その卵から生まれたのが、絶世の美女ヘレネでした。ヘレネは少女の頃からまばゆいほどの美貌で、噂は噂を呼び、ギリシャ中の王子や勇者が結婚を申し込んできました。あまりの熱狂ぶりにヘレネの父、スパルタ王は後日に恨みをのこさないよう明確な方針を天下に打ち出します。ヘレネを求める者は誰でも公に申し出てほしい。求婚者がでそろったところでヘレネが夫となる者を選ぶ。

イタリア郵便当局のお世話になる必要があるのは

断面は丸ではなく四角いのが特徴で

海外定額プランを使ったとします
イタリアの町は戦災のあとも昔の通りに復元された町並みが多いから、町の雰囲気は戦前とそう変わってはいない。明るい太陽を浴びている街角を見ただけでは想像もつかないが、ちょっと気を付けて歩くと厳しい歴史の断片が当時の面影を残す町並みのあちこちで見つかる筈であるイタリアでは各都市の守護聖人があって、その日は休日になる慣習だ。ちなみにミラノでは十二月七日が守護聖人であるサンタンブロージョ(聖アンブロ-ジョ)の日。この日はもちろんミラノの休日で、またスカラ座のオペラ開幕の日でもある。初日のオペラのチケットは一般にはまず入手が困難なので、誰でも楽しめるという訳には行かないが、同じ日に誰でも気軽に楽しめるのがサンタンブロージョ大聖堂前の広場で開かれる縁日である。

お湯を沸かすだけでひと苦労かもしれない。日が落ちれば活動はたちまち停止するだろう。冬には窓や戸と岩の隙間から冷たい風が入ってくるかもしれない。広さも限られているので、持ち物は身の回りの最小限のものにとどめておかねばならないだろう。しかし,どこのサッシでも、ひとつの部屋で家族全員が寝ていただろう。

フランスなどに支配された歴史を持ち

ここでは共同生活は必然なのだ。そしていくつもの家族が横穴でつながり、さらに大きなコミュニティの全体が、日曜日になると洞窟教会に集まったことだろう。人々は水がめを共有せねばならず、お互いをよく知っていて、お互いに犠牲を払いながら助け合いつつ日々を送ったことだろう。おそらく、私を含め、現代の日本人はサッシでの生活に耐えられない。その衛生環境に、その不便さに、濃密な人間関係に。

ローマ皇帝ハドリアヌスが


やはり雰囲気はモンテローザここは作曲家のベルディなども葬られている由緒ある墓地で、大理石と御影石をふんだんに使った門構えが余りに立派なために、初めて見たときには墓地の玄関ではなく、どこかの博物館かと思った位である。そこまで立派でなくともどこの田舎町やひなびた村にも周囲を壁で囲まれた墓地が必ずあり、これまた必ずと言ってよいほど何時も花や灯明が供えられているのは何か日本の田舎のお盆を思わせる心和む光景である墓地ではないが、色々な町へ行くと見かけるのは戦没者の記念碑で、ちょっとした田舎町の広場には必ずと言って良いほど戦没者名を刻んだブロンズがはめ込まれた慰霊碑が建っている(第一次,第二次両大戦の慰䨩が多い)’日本でも同じ様な慰霊碑があるからさほど場違いな感じもしないのだが、よく街角の建物の壁に簡単な説明の石板がはめ込まれ花束が備えられているのを見ることがある。辻毎に祭られているマリア像へのお供えかと思ったらそぅではなく、これも戦没者の慰霊碑なのであった。つまり、第二次大戦中ドイツ軍に対しゲリラ活動を行ったバルチザンが街角のあちこちで銃殺されていたのであるミラノの郊外にビジェバノというこじんまりとした美しい町があるが、ここの十五世紀の城の中庭にも、多分その場所で処刑されたのであろう、イタリア人の若者の名前がいくつも刻み込まれた石板が城壁に墓銘碑のようにはめ込まれていた。どんよりと曇った肌寒い日であったので、思わず背筋がぞくぞくしたのを覚えている。

ローマ時代に造られた海底に沈んだ港もさらに追加した

イタリアの町は戦災のあとも昔の通りに復元された町並みが多いから、町の雰囲気は戦前とそう変わってはいない。明るい太陽を浴びている街角を見ただけでは想像もつかないが、ちょっと気を付けて歩くと厳しい歴史の断片が当時の面影を残す町並みのあちこちで見つかる筈であるイタリアでは各都市の守護聖人があって、その日は休日になる慣習だ。ちなみにミラノでは十二月七日が守護聖人であるサンタンブロージョ(聖アンブロ-ジョ)の日。この日はもちろんミラノの休日で、またスカラ座のオペラ開幕の日でもある。初日のオペラのチケットは一般にはまず入手が困難なので、誰でも楽しめるという訳には行かないが、同じ日に誰でも気軽に楽しめるのがサンタンブロージョ大聖堂前の広場で開かれる縁日である。

簡素化をはかるのです


ローマ大学で法律を学んでいた時
普通のケーブルカーは二台で往復し途中で線路が分かれて上りと下りの車両がすれ違うのだが、この路線は1台のケーブルカが標高差八百メートルを往復している。屋根はガラス張りで、向かいのアルプスがよく見え、展望エレベーターのようでもある我々が乗りに行った時は六月のよく晴れた日曜日というのに、乗客は我々家族だけ。到底黒字経営とは思えずスタッフはたった一人。この乗務員が、切符の発行、改札から、運転、折り返し駅での車内清掃まで全て一人でこなしており、よく働くのには感心した。車内や駅の掃除をするのを見ていると、如何にもこのケーブルカーに愛着を持っている様子が傍目にもよく判り、山の空気同様爽やかであった。

引ったくりといった窃盗被害が多いので

スイス国鉄の職員なのだろうが、この仕事が余程気に入っているに違いない。スイスのイタリア語圏の中心地であるルガノはミラノから車で1時間ほどの、市内に登山ケーブルカーが一カ所あるルガノ湖畔に面した美しい町だが一つは市の南にあるモンテ·サン·サルバトーレで、ミラノからの高速道路がルガノ湖を渡ってすぐにトンネルで通り抜ける!もう一つは市内東側の湖畔に聳えるモンテ·ブレ。何れも標高九百メートルほどの高さだが、ルガノ湖を上から見渡し、アルプスの山々を展望するという点では甲乙付けがたい。どちらも路線が上下の二本に分かれ、山麓から乗ったケーブルカーを途中で乗り継ぐ点も同じだ。どちらかと言えばモンテ·ブレの方が開発が進んでおり、中腹までリゾート·ホテルが立ち並んでいるが、山頂付近は鬱蒼とした森で、夏など実に風が心地よいこのケーブルカー、山麓からの1本目は距離は短いものの完全に無人運転で駅にも車内にも人がおらず、警告灯とブザーが発車時刻を知らせると勝手にドアが閉まって発車したのにはびっくりした。

ヨーロッパ諸国がこの

イタリアに向かったハンニバル軍はフランスを通りアルプス越えに

乗車券を持っていないとホームに入ることが出来なくなりました

高位聖職者たちは身を翻して教皇に恭順を示し、皇帝と主従契約で結ばれていた領主たちは独自に会議を開いて、破門されてから1年以内に皇帝の破門が解かれなければ、自動的に退位となることを決議してしまう。最初は圧倒的な優位にいたはずの皇帝はこうして窮地におちいった。万策尽きた皇帝に、退位期限があと1か月まで迫って来る城内には、教皇とクリュニー修道院長ユーグ、そしてトスカーナ辺境伯の女領主でカノッサの城主であるマティルデがいた。丘の下では皇帝が、雪が舞うなか外套も着ずに裸足で突っ立っていた。王冠も兜も剣ももたずに、反省と恭順を示すため、みすぼらしいボロきれだけをまとっていた。

道で急にトイレに行きたくなった場合などに役立つのがこのアプリ

この姿はマティルデの心をうった。こうして「カノッサの屈辱」事件は、一0七七年一月末に起きた。あたり一帯は雪で白く覆われていた。はだしかぶと(マティルデは)皇帝に、彼を助けることを約束して、丘の上の城塞へと向かった。マティルデは教皇と話し、皇帝の意を伝えた。

 

イタリア語でボンジョルノと言えば挨拶で

ミラノ郊外にあるサンシーロ·スタジアムなにもかもが驚異的なスピードで進行した。そうして、この小さな丘の街には不釣り合いなほど巨大な、人類の一大モニュメントができあがった。一九九七年には大地震に襲われ、天井画の一部が崩落したものの、今も壁という壁が大画家たちの名画によって美しく飾られている。その豪華な光景は、清貧の教えからはほど遠く、もし聖フランチェスコ本人が観ていたら苦々しく思うに違いない。しかしアッシジが、かわることなく世界中から信者を集めつづける巡礼地であり、また大勢の観光客で賑わう世界遺産となっているのは、ひとえに、この地に生まれて死んだ、一人の貧しき聖人のおかげなのであるVinciヴィンチ誰が万能の人を育てたか一四五二年四月一五日に、私の孫、息子セル·ピエロの子が生まれた。

ミラノでも始まった土曜日の夜中の三時だった。リオナルドと名づけ、ヴィンチ村のピエロ·ディ·バルトロメオ神父が洗礼を授けた(後略)。(レオナルドの祖父アントニオによる記録、筆者訳)レオナルド·ダ·ヴィンチが生まれた日付や時間までわかるのは、彼の祖父が公証人証譜に書き残してくれたおかげだ。五00年後の今でも、一介の人の手によるこうした文潛が几帳面に保管されていることにまずは驚く。レオナルドの父の名にある「セル”ser」は、彼が公証人をつとめていたことを意味する。

ミラノなど近隣の強国から徐々に圧迫されこれは実に迅速に

これによりイタリア王家は全員国外追放され、イタリアは共和制に移行するのでした。軍内部の王党派は南部イタリアに脱出し、連合軍の一員としてドイツと交戦を開始するのでした。ようこそ、歴史に彩られた都市ローマへさまざまな芸術と豊かな文化の街、ローマ歴史的な名所が多く、街の至る所に息を飲むような作品が並ぶ年を通して、バラエティ豊かなイベントが数多く開催されており、いまでも芸術の中心地を担っているルネサンスの中心地となった15世紀末からローマは芸術の中心地として栄えてきました。現在でも料理、ファッション、音楽……人の営みに関係するさまざまな文化の中心として、世界をリードしています。ヴィラ、庭園などと美しく調和していて、散策するだけで芸術·文化の空気をたっぷり吸い込むことができます。

当時の世界最大の都市になります

普通の道路地図にはこの館の名前すら載っておらず「永遠のまた街を歩けば、数々の歴史的な芸術作品を目にすることができます。それは公園や、都」と呼ばれた都市は、その名に恥じないだけの魅力を現在も見せてくれるのです。Colosseoかつて数百にも及ぶ剣闘士たちが命をかけて戦った闘技場。言い知れぬ感情が込み上げてくる場所です。TreviFountainローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉(噴水)です。