しつけのきびしさでもわかります。

子ども達のだれかがひどいことをし叱

母親はあきらめました。
「先生に訴えるより、まずわが子に先生との相性が悪いなんて、そんな残念なことは、他にはあまりないと思う。久美子の残念さが分かるわと、徹底的に気持ちを分かっておやりなさい」
そしてそれが功を奏したようなのです。
どんどん久美子ちゃんが、お母さんに学校の話をしてくれるようになり、その分、学校でも積極的にクラスの空気に溶けこむようになり、意外と、もともとのこじれを久美子ちゃん自身が母親にさりげなく話してくれるようにもなったというのです。
そして、個人懇談の時、先生がこう言ってくださったのです「久美子さんには、正直言って自己中心のわがままなところが少し目立っていたような気がしますが、この頃すっかり変わりましたね。何があったのでしょうか。

取り決められた担任とどうも合わないただ、なんでも決まり通りで納得できない現実があり、社会と個人とのかかわりは無限
自我の確立だからこそ、ということがなんのむずかしさをはらんでいます。
としても大切になるわけです。
個々人の社会のきまりのどこを優先して、個人の自由のどの面を大切にするか。これが人間同士で話しあい感じあわれねばならないのです。自我の確立しあった者同士であればあるほどお互いの事情を分かりあい、社会と個人のかかわりについての工夫が柔軟に作り出していけるということになります。
なんといっても、教員の側の人格的な対応の努力が必要なのでしょうね「うちの子が、クラス担任のあなたがどうも自分にあわないといって、登校をしぶっているのです」と、ごく素朴率直な訴えがあれば、感情的に険しくなんとわがままな!

子どもがわめいてもそれにすぐ中途半端に反応して

とかそういうことを子どもに言わせ、またそれを学校に訴えてくる親の神経はいったいどうなっているのだとか、教員が親に反発してしまったら、事は陰湿なものになります。
担任先生がごく素朴に
うーん。申し訳ありません。
そうですか。
何ともいたらぬことですな!
といった具合に自分のうろたえを表白し、訴える母親と苦虫噛みつぶした思いを共有できれば、そこから何かがほどけてくるというものなのでしょうにね。
うーん、そんな率直で素朴な先生なら、もしれませんねえ。
それほどまでに子どもに嫌われるはずはないか自我の確立してない先生だっている
昨今では、「好き嫌いは、それ自体が自分の個性であり、今は個性尊重の世の中だから……」と息巻く若い人がたくさんいます。先生という職業についている人の中にだって、正直なところ、先ほどから繰り返している
自我の確立した円満な人格ではない人もおられます。どうにも悲しい現実です。それは確かに現実なのに、先生という職業自体がたくさんの子どもに囲まれ、その親たちにも触れる仕事である以上、そんなに狭く、固いばかりでおれるものでもないというのが、教師という職業のまぎれもない現実なのですね。

母さんは言いました。


勉強したのでです。子どもの依存性とは負の相関を示していた。覚悟を決めて、先生に体当たりしてごらんなさいよと相談で、親に勧めたことがあります
先生、私が親として上手な子育てができていないから、勝手な子になってしまったと反省しています。ですから、しっかり先生のお力に頼らねばなりません。先生、お気を悪くしないでね。うちの久美子が先生が好きではないから、学校、行きたくないって言うのです。こんな失礼なことを子どもが言ったからといって、そのままを先生ご自身に伝えるなんて、どうかしてる、と何度も何度もよそうかと思ったのですが、率直なことが一番早道とも思ったのですこういって体当たりしてごらんなさいよ、と私もまだ相談に慣れていない頃で、親にそう勧めるしかないと思いました。でも私の心の一方では、そう言って母親を勇気づけてやるよりもっと他に道はないのかと、迷っていたのも事実です。
·子どもの残念さを理解する結局、その時の相談で、私自身がこの母親に対して口にしたことばは、こうでした

子どもがさっと寛容さを示

「先生に訴えるより、まずわが子に先生との相性が悪いなんて、そんな残念なことは、他にはあまりないと思う。久美子の残念さが分かるわと、徹底的に気持ちを分かっておやりなさい」
そしてそれが功を奏したようなのです。
どんどん久美子ちゃんが、お母さんに学校の話をしてくれるようになり、その分、学校でも積極的にクラスの空気に溶けこむようになり、意外と、もともとのこじれを久美子ちゃん自身が母親にさりげなく話してくれるようにもなったというのです。
そして、個人懇談の時、先生がこう言ってくださったのです「久美子さんには、正直言って自己中心のわがままなところが少し目立っていたような気がしますが、この頃すっかり変わりましたね。何があったのでしょうか。

父親の仕事を具体的に知ることによって


子どもはトイレから急いで出ようとする
いやそんなことはどうでもいいことで、なんだかこの頃、担任の私の意図をよく汲んでくれて、クラスの大切なムードメーカーなのです。親御さんが力のある方なのだと、私は読んでいます。お母さんにお会いしたいな、と思っていたんですよ」
母親はすっかりうれしくなって、心がほこほこと暖まる思いでした。
お互いに責めあうことの険しさより、ほどけあう心の愉しさなのですね。
親子の関係改善をそれから後、クラスの母親の二、三人と会って話す機会があり、そこでなんとなく分かったのですが、横ド麻由という子が、なかなか活発で、はじめ先生が、なにかといえばこの子ばかりに期待している様子が、久美子ちゃんには淋しくてたまらなかったようなのです。いつからか、久美子ちゃん自身の生き生きした様子に先生が着目してくれるようになった……いや、先生に着目してもらえるようになったから、本人が生き生きとしてきたのではないか、ということなのです。
いずれにしても、もともとは自分と久美子の関係がよくなったからだと、母親は納得しています。子どもの気持ちを条件なしで分かってやること。

子どもにも不便はあるのです

聞いてやれたこと。そこが関係改善のすべての糸口になったのだ、と母親は自信が湧いてくる思いでした。
性への興味を上手に導く無関心がいいのではない性への興味関心について、わが子に限って何も心配がないからよかったと胸をなで下ろすのが良識と思っているお母さんがもしいらっしゃるなら、その親こそ良識どころか常識のない親だし、わが子のことが分かってはいないこと、甚だしい限りというべきです。
というと、何かいけないこととかうす汚いことだという極端な片一方の連想だけに走るのは困ったことです。
逆にけがれないもの、清く美しいものだけ教えるきれいごとというのもどうでしょうか。
人は生き物。ほ乳類霊長目ヒト科人類性の判断が、個々人それぞれに任されているという生き物は、人間だけです。


子どもの依存性とは負の相関を示していた。 子どもはみんな鼻から二本棒垂らしていた。 成績が良く