子どもを社会的な存在ととらえ

小学校のころよりも家にいる時間が短く

叱った後は叱られた嫌な気持ちを、カラッと爽やかに切り替えさせる、こんなタイプの先生なんじゃないでしょうか。
大切なのは子どもののびのびとした明るさ、その子のいいところをしっかり認めてやること。日頃から自分のよいところをしっかり評価し、認めてくれている大人に叱られると子どもの心には
叱られた意味がちゃんと届くのですね。
·プラスを認めてやることだけに徹するアメリカ大リーグで超人気のイチロー。そのお父さんのチチローさんは、叱ることより感嘆の声をあげることによって、あのしなやかで率直で、いつも平常心のイチローの性格を培ってやったということです。
なんでもない時や、ずいぶん下手な投げ方や打ち方をした時には、はい次、はい、次
と練習の流れにつきあってやるだけです。
先生になれる。

子どもに食べさせている食べ物について

だのにオーッ、それだ。やるねぇ。うんと、いいところでしゃんと感嘆の声をあげる。いいところだけ声をあげてやったそうなのですよ認められたことは、暖かく誇らかに繰り返し思い起こすことができるので、たちまち「今のあれだな。ようし、ねえ、父さん、まだ明るいよ。あれ、もう十回繰り返してためしておく。練習もう少し、つきあっていいでしょ」と、自らの心のひろがりのために、イチロー自身が、ひとりでに打ち込んでいく様子だった、とチチローさんが語っておられるのを、何かで読みました。
もう、そうなると、叱ることなんてなかったのでしょうねたとえ十回にたった1回でもさて、十回のうち、九回は明るく認めてもらえて、一回だけきちんと注意されたという場合には、その忠告には否が応でも耳を傾けることになってしまうものです。

 

子供が軌道を外さないよう

心がこちらに向いているなと分かれば、忠告するほうも、くどくどと嫌味な言い方などしなくなっています。いや、たとえ十回のうち、九回までがダメで、いいのはたった一回きりという時だって、九回の非難はぐっとおさえて、一回のよいところをこれはしっかできていると評価してやる。できないところが多くて落ちこみがひどい時には、効きますよこれは確かにいいけど、いいのは十回に一回だけではねぇというような調子で嘆きなじる代わりに、1回でもよしであれば、それをよしよしと誇らしく認める。するとその1回が誇らしい力となって、自らの細胞分裂で増殖がはじまるように、1回が11回に
なり、11回が四回になるのです。
よし

を責めるより、
を認めるのです。
両親の部屋でいっしょに寝ることが望ましいのです
子どもは決して珍しくはないのです。

先生をしていた時にも私

九のを認めてやると自然に心がほぐれます。
一回のそんな心意気で一回のやり直す気が自然に湧く叱っている時は、知らず知らずのうちに声も表情も暗くなりがちですね。
険しいくどくどしさって、相手を嫌な気持ちにさせます。さあ、やり直そう!という気持ちが自然と湧いてくるのは、気持ちを持ち直すことですから、暗く険しくてはダメなのです。
間違ったことをしでかした子を激しく叱責し、もう二度としませんと、誓いを繰り返させているのを見かけます。私は、それには賛成しかねます。穏やかにこう言って、しっかりと心の奥の方向性を再確信させればよいのです「誓いや約束を繰り返すことなどしなくていいことばで聞くよりも、実際にまたやるかやらないかだからね。

育てるだけでなく

あとあとの行為を見れば分かる。すっきりやらないように変えるなんてことは、そう簡単なことでない。また繰り返すかも知れない。その時は、ことばでではなく心の中で、もう繰り返さないようにと自分に声をかけておけ。そうすれば、しだいにしないことが当たり前になっていくよ。大丈夫」
くどくど叱るのは、叱られる者にとってよく響かないのです。

荒れる子の荒れる原因が分かる切なさ

不機嫌この上なしの日々なんでこの頃あんなに不機嫌なのか、分からない
と思う時
子どもを社会的な存在ととらえ

中学校時代など


「どうしてそんなに暗い顔をして、何も言ってくれなくなったの。
ねえ、どうして」
と率直に尋ねても、子どもがすぐに答えてはくれませんね。
「この頃、態度が悪いぞって、オレばかり先生が叱るんだ。分かってねえんだよ。
くるのは、川井と茂山ばかりなのに」
仕掛けてなどと、自分の困り事を誰かに陰で話しているようなら、そう問いかけることが心を閉じ込ませる糸口になっているのですね。問いかけてもムッとするばかりで答えてはくれない時って多いのです。気持ちが整理できないで落ちこんでいる子どもは、そういう問いかけに答える気にはならず、むしろ嫌気を起こして

両親の部屋でいっしょに寝ることが望ましいのです

子どもが自分で話す話の中

しつけの基本は、まさにここにあるわけで、プラス点を重ねる体験をしつづけていくと、それがまさに、関西弁でいうしィつけられることになります。し慣れることが、
しィつけることでしょう。
それがつまりしつけですね。
親の願いと子の実践との向きが同じであれば、子も親もともに,うれしさがこみあげるということになるわけですね幸せ
本章の1節に書いた作り出すことです。
というものを期せずして実感するうれしさをしつけ
でむしろ、字に書いたような幸せの瞬間は稀であって、平生はいつもズレっぱなし、へだたりっぱなし、誤解のし合いだらけなのだからこそ、たまにうまく行った時の、こころゆく思いや充実感が、ありがたい幸せということなんですよついでにこのありがたいですが、有り難いとは、つまりそうあることが普通でなくて至って難しいこと、言い換えればめったにあることじゃないということなんですね。
子どもを社会的な存在ととらえ

子どものように見えるけれど

失敗こそがなつかしい思い出

公園デビューのつまずきが生かせた-自分からことばを出す近所の人たちとのおつきあいというものは、気にする人にとってはとても
気にな3問題です。自然なおつきあいができているだろうか、それとも気づかいやこだわりばかりでぎこちないものになってしまってないかしら……と。しかし、そんなことは、それほど気にすべきことではないのです。
そうはいっても、まだ子どもが幼く、慣れない所で子育てをしようとするお母さんにとっては、あ、こんにちはとあいさつするのは度胸のいることかもしれません。自然にあいさつが交わせる親しい人が何人かできる、ということが慣れの出発点となります。
実はそれって、なんでもないことなのに、むずかしいと思える時はほんとうにむずかしいですねそんな人、すぐにできるわ。絶対にできる!と確信をもって!誰に会っても自分からあいさつすること。

 

子どもの多くはお手伝いをしていません。

数打ちゃあたるぐらいに思って、慣れてしまうのです。最初は気まずさがあって、ぎこちなくても当たり前。でも、すべて慣れなのです。繰り返し、慣れてくると、自然にそれこそ慣れちゃうわけですね。
結婚して、住み慣れない土地で赤ちゃんが生まれ、数カ月すれば、いよいよいわゆる公園デビューですか。そうです、近所の人たちがよく利用している公園へ遊びに行くだけのことこの公園デビューなることば、いつ頃から使われるようになったのか、私など初めて耳にした時には、まるで昔のヨーロッパの社交界もどきの表現を今頃とってつけたように持ち出して、なんと大げさな!と苦笑してしまいました。でも言い得て妙、うまく言ったものです。
話は逸れてしまいましたが、そもそも公園デビューなんて、うまくいかなくて当たり前と確信していればいいのです。
子供が思うはずもありません。
子供に何かをさせるとき

子どもに決めさせていいのです。

習うより慣れよと昔から言うじゃないですか。出かける前からうまくいかなきゃダメなどと気負ってしまうと、かえって不自然になってしまいます。
話してみれば
皆さんの遊びの中に入れてもらおうと、初めて加奈子を連れてこの公園に来た時、こんにちはって私があいさつしたのに、誰も返事してくれなかったのよ。もう、恥ずかしくて、気まずくて、いたたまれなくて……を見たら、私の気持ちが伝わったのか、加奈子ももじもじ立ちつくしてるの。結局、その後すぐ公園を出ちゃったんだけど、でも、こんな失敗の体験って、あとに引くのよね!
それからって、子どもを連れて外に遊びに出ることがおっくうになっちゃって……...。
いようと思えばいられたんだけど、ふとわが子今はもう何でも気楽に話せる山野さんに、加奈子ちゃんのお母さんは自分の体験を話すのでしたね、余談ながら嘆きことばはけどでつないでいるでしょう。

子供はいつも丈夫

逆説の接続詞はマイナス指向ですね。
私は、あなたたち親子が、この公園にはじめて来た時のこと、覚えてるわ。あなたがみんなに心細そうな声であいさつしてるのに、誰も返事をしなかったことも。私自身も、みんなが黙ってるのに、自分だけ声をかける勇気もなくってまったって、ずっと後悔してたのよ
あなたに悪いことしてし
「大人が人見知りするのよ。私なんて初めてここへ来た時、誰とも話ができなくって、もじもじしてるばっかりで。そうしたら、お宅の健ちゃんが、スーツとブランコを空けてうちの悠介に替わってくれたの。悠介もスーツとブランコに乗って......。なんだか子どもたちのほうが大人の気づまりなムードを和らげてくれたのよ、ねぇ」
山野さんに続いて、宮下さんも寄ってきました。
山野さんや宮下さんと、こうして気持ちよく顔を見合わせて笑いあえる今の自分がなんだか誇らしく思え、うれしさがこみあげてくるのでした。
先生はほとんどが女性。

子供だってそんなことは百も承知です。


加奈子ちゃんのお母さんは、習うより慣れよ
こんなことも昔の人はよく言ったものですね。
·つまずきの共有体験が出発点に公園デビューが、うまくいかなかったのよ
と人に語るより「公園デビューで誰でもつまずくのよね。そのつまずいたことを話題にすると、みんな似た思いがあって、共通の体験を話しあえることにもなるんです。マイナス経験は全部生かして、プラス体験のきっかけにすることができると思うようになると、気持ちがすっかり落ち着いて、その後の二回の夫の転勤も、私はそんなにおじけないようになっていたわ」
ともかくたくさんしゃべるほうが、元気を出して、大丈夫。
習うよりも慣れちゃいましょう。
人を安心させることができるものです。

お年寄りがいる暮らしもいない暮らしも

大家族制度がこわれてみれば昔の大家族というのは、お年寄りが旧来のしきたりを守って、若い者、女、子どもに有無を言わせず、たとえ家中のみんなが不平不満だらけでも、表立っては何も言えない制度でした。