この調子では当分交差点から窓拭きや物乞いの姿が消えることはなさそう

イタリア人同士の方が良かろうと

ローマの司令官に重傷を負わせます
ノコギリの歯のような鋭い造形がいくつもいくつもある。これは長い歴史の中で、雨水で浸食された斜面の跡であった。真っ青な秋空と細かなひだが入り込む複雑な茶系の地形が絶妙なコントラストを生み出していた。これは雨が大地を破壊した芸術品といえるだろう。おおやいしぎょうかいがんイタリアの自然とは、糸杉のある穏やかなトスカーナ地方と決めつけていた私は、これでもかと次々に現れる「カランキ」に打ちのめされた。

毛皮を優雅に着こなした若い女性タクシー·ドライバーが、横から割り込んできた車を、窓を開けてどなりつけたこともあるのでびっくりであるもしかするとこのあたりが、日本から来たお客がミラノのタクシーに恐怖を感じる理由かもしれない。イタリアの高速道路の制限速度は時速百三十キロ。これは高速道路の乗り口にはちゃんと示してあるし、ロードマップなどにも書いてあるのだが、誰も気にする人はいないようである。スピード違反で捕まるというケースがないわけではなく、日本でもある隠しカメラにしっかりと取られ、後から写真とともに罰金の請求書が送られてきたという経験者(私も含め)もいるので油断はできないが、しかし、ミラノからボローニャ方面に向かう高速道路A号線、トリノ方面に向かうA四号線などは定規で引いたように真っ直ぐ、しかも真っ平らと言うこともあって制限速度で走っているのは一部のトラック位なものである。百四十キロや百五十キロは当たり前。

ラクイラ城壁内に力をあわせて一つの同盟国を造る仕組みは

三車線の真ん中を時速百五十キロで走っていると凄い勢いで隣の車線を追い越してゆく車はどう見ても百八十キロから二百キロは出している。ベンツとかアルファロメオがこの調子で走るのは別に不思議でもないが、フィアットやフォードの小型車でも、大型車に対抗してびゅんびゅん飛ばすところがイタリアの面白いところだ。北イタリアは工業地帯でもあるので·一号線にしてもA四号線にしても平日はやたらにトラックが多く恐いのは、日本の東名高速のようである。特に夜のA号線はこわい。反対車線を見るとトラックが一列に延々と繋がって走っており壮観であるが、こちらの車線も同様で、トラックの追越しがらみの事故も多いようだ。

大体において料理は平凡


シエナは神聖ローマ人はホテルとしてWi-Fiレンタルが使われているものもありますそして、だんだんアトリの町が近づいてきた、その時である。は一瞬背筋がゾクッとした。白私まるで月世界のような異様な風景とめぐりあったのである。それは「カランキ(バッドランドと呼ばれる景色であった。日本の大谷石のような石質で、イタリア語で「トゥーフォ」と呼ばれる凝灰岩の渓谷が不気味な岩肌を見せていたのだ。

ローマ·フィウミチーノ空港は

ノコギリの歯のような鋭い造形がいくつもいくつもある。これは長い歴史の中で、雨水で浸食された斜面の跡であった。真っ青な秋空と細かなひだが入り込む複雑な茶系の地形が絶妙なコントラストを生み出していた。これは雨が大地を破壊した芸術品といえるだろう。おおやいしぎょうかいがんイタリアの自然とは、糸杉のある穏やかなトスカーナ地方と決めつけていた私は、これでもかと次々に現れる「カランキ」に打ちのめされた。

ローマに支配され


海外で使用するためにやっておきたいことがあります
キュウリの親戚のようなあんなもの(と言っては失礼だが)がサラリーマンが行く定食屋の昼飯並の値段とは恐れ入ったが、ミラノのメルカートで1キロ千リラ(七十円)で買ったこともあるのだから、日本の値段はざっと四十倍になる。日本は元々生活必需品の価格が高いとはいえ、これは極端な例だが、メルカートで買う野菜や果物は、同じイタリアのスーパーと比べても随分安い生産コストの違いも大きいだろうが、パッケージや流通コストもかなり影響しているのではないだろうか。この露天のメルカートとは別に、同じメルカートでも屋根つきの常設公営市場もあり、これもまた市内のあちこちに分散している。こちらの方は月曜から土曜まで毎日開いているが、昼休みがあるので、うっかり午後出かけたりすると閉まっていることがある。売っているものは路上のメルカートと同じようなもので、野菜、果物、魚、ハム、チーズ、肉、調味料等々食料品を主とした生活必需品だが、それぞれの店によって少しずつ特徴があり、必ず大根と白菜と里芋は切らさない八百屋などは随分と日本人が重宝している。

市民は徐々に本土へ戻ってきたのです

メルカートやスーパーマーケットを歩いていると随分面白いものを見つけることがあって、ウニやカニの缶詰を最初に見つけた時には、早速買い込んできてカニ飯を炊いたり、ウニのスパゲッティを作ったりしたものだ。またある時はメルカートの魚屋で鰹を売っていた。マグロを意味するトンノという名前で出ているのだが、この魚、長さ五十センチ程で腹に縞があり、どう見ても鰹の一種,折しも時は五月。新鮮だというので1本1万1千リラ(約八00円)にて丸ごと買い求め、悪戦苦闘の末、鰹のたたきにして食べたがなかなかの美味であった。その後、冬場に同じ魚屋でアンコウを丸ごと売っているのも見たが、こちらの方はまだ挑戦していない(余談ながら当地のレストランではアンコウは尻尾の付け根の部分しか出て来ないので、勿体ない話だが後の部分は捨てるのであろう)。

ミラノ中心部の街も一歩建物を裏に抜けると表通りとは別世界で

亡命政権をたてて抵抗

現地での印象が.層深まることでしょう
ここの扉をくぐると、カトリック教徒は罪が許されると言われて★サンタ·マリア·デッリ·アンジェリ教会ミケランジェロが建築を担当した教会で、大浴場の跡地を活用したために、無骨な外観をしています。しかし中に入ると、とてもエレガントな装飾が施されており、な教会のイメージからは、ほど遠く一見の価値ありです。映画監督フェデリコ·フェリーニの国葬が執り行われた教会でもあります。外観とのギャップがユニークです.般的★サン·ジョヴァンニ·イン·ラテラーノ大聖堂サン·ピエトロ大聖堂などと並び称される、ローマの四大バシリカのひとつです。バチカンの領域外にありますが、バチカンの権利が特別に認められています。

五万リラ、十万リラ札が偽造防止のために同じデザインをより精巧に多色化した際には新旧の札が混在していたが、これはまあ過度期と言うことで納得出来る。余談ながら、現在の十万リラ札にはルネサンス期の画家、カラバッジョの肖像画と並んで、その作品が表と裏に印刷されている。裏の静物画はミラノのアンブロジアーノ図書館付属美術館にあるが、表の人物画はイタリアにはなく、パリのルーブル美術館に展示されている。イタリア国内にも幾らでもカラバッジョの人物画はあるだろうに、何故外国に保管されている絵画を紙幣のデザインに使うのか、ちょっと不思議な気がする。流通期間の長いコインになると、紙幣とは比べものにならない混乱振りで、百リラなどは大中小取り混ぜ三種類の大きさがあり、これに特定の年の何とか記念のデザインが加わるので、一体全部で何種類あるのかさっぱりわからない。

イタリアのサッカーシーズンは例年8月下旬から翌年の5月中旬まで

事実上最小単位の五十リラも同様。これにイタリア国内にあるサンマリノ共和国のコイン(サイズと全体の造りはイタリアのコインと同じ)なども混じってくるから、初めてリラ硬貨を見た外国人が途方に暮れるのも想像がつこうというもの。しかし日常生活で百円感覚の千リラが未だ硬貨ではなく紙幣であるのは、アメリカが1ドル札を硬貨にしないのと同様、国家の威信でも関わっているのであろうか。と思っていたら、国会で千リラ札を硬貨にする法律が通りいよいよ九七年夏から千リラ硬貨の鋳造が始まり、流通開始。これが一筋縄で行かないのが、イタリアらしいところで、硬貨に描かれていたヨーロッパの地図の国境線が間違っており、一時はコインを回収するとかしないとか大騒ぎになった。

ラクイラの地図を裏返すとエルサレム市と重なり合う


ローマ含むイタリア及びその他という意味を名前に持つ教会です。建築物として、外見は決して派手ではありません。しかし内部にはキリストが残したと伝えられている足跡が残っており、★サンタ·マリア·マッジョーレ大聖堂サン·ピエトロ大聖堂などと並び四大バシリカと称される大聖堂です。1377年に建築された鐘楼は、ローマで最高の高さを誇っています。それだけにどこか慈愛に満ちたような、優しい空気に包まれた心地よい空間が生みだされています。

十字軍のような独自の軍団ではなかったですが…十字軍とは

ここの扉をくぐると、カトリック教徒は罪が許されると言われて★サンタ·マリア·デッリ·アンジェリ教会ミケランジェロが建築を担当した教会で、大浴場の跡地を活用したために、無骨な外観をしています。しかし中に入ると、とてもエレガントな装飾が施されており、な教会のイメージからは、ほど遠く一見の価値ありです。映画監督フェデリコ·フェリーニの国葬が執り行われた教会でもあります。外観とのギャップがユニークです.般的★サン·ジョヴァンニ·イン·ラテラーノ大聖堂サン·ピエトロ大聖堂などと並び称される、ローマの四大バシリカのひとつです。バチカンの領域外にありますが、バチカンの権利が特別に認められています。

ジェノヴァ共和国イタリアへ来てから一度ゼネストがあったが


せられてきた
彼らは我々の教義を理解する十分な能力があります」だからこそ、その少年四人はヨーロッパの土を踏んだとき、天に浮かぶ別世界の体験を日本に伝えようと必死であった。語学はもちろんのこと楽器を弾くことを含めてあらゆる学問を身につけて八年後に日本に戻ってきたのである。じゅらくだが、帰国すると天下は豊臣秀吉のものになっていた。秀吉が建てた政庁兼邸宅である聚楽第に赴き、彼の前で西洋から運んだオルガン、ハープ、リュート、ヴァイオリンの四種類で彼らはジョスカン·デ·プレの曲を演奏する。だが、秀吉の「キリスト教毛嫌い」の気持ちは変わらず、日本に帰国後の四人の運命は一転してしまう。

ヴェネツィアなどの街で若い日本女性が渋谷を歩くような格好をすると

「キリスト教布教禁止命令」を出しキリスト教徒を迫害していたからである。一人は追放後にマカオで死去。一人は天吊り」によって殉教、一人は長崎で死去。最後の一人は婪帯し仏教に改宗してしまった。私は聞いてはいけないことを最後にヴァリニャーノに尋ねた。

ローマ料理ローマの地元食

かつて有していた重要性をすべて失ってしまった

フィレンツェの町中にあり

ファッション系の店であれば、例えば色のコーディネイトを頼むと、小さな店であっても相手はプロ。日本人では思いもよらぬようなコンビネーションを提案してくる事があります。お値段が納得できるなら、思い切ってそのアイディアに乗ってみましょう。きっと日本でそれを身に付けたら、ちょっと目を引く存在になるかも知れませんよ。そうそう、ここでもクレジット·カードの支払では暗証番号の入力を求められます。

イタリア人は我々から見ると神経質と思う位に色々なことを心配する

なくなりますのでご注意を。レストランの時と同様、うっかり入力を何度か間違えると以後カードが使えなお、イタリアでの買物には通常22%のVAT(付加価値税)が含まれており(2013年10月1日より21%から1%増税)、一定額の買物(およそ150ユーロですが頻繁に見直しがあるので、お店で確認してください)をすると輸出免税、いわゆるタックス·フリーの手続きで税金分を戻してもらうことができます。買物をした店で作成してもらった書類に.EU出国時税関で現物を見せてスタンプを押し、近くの窓口で現金で支払いを受けるか、クレジットカードの座に払い戻ししてもらえます。スーパーマーケットへ行ってみよう!ちいさなお店と並んでお勧めしたいのはスーパーマーケットです。スーパーなんて世界中どこも同じだと思ったら大間違い。

 

ローマ司教レオ1世が

ヨーロッパは暗黒の中世から近代へ移る過渡期でもあった別の面からカンパニリスモを知る方法としてお国自慢の典型、イタリアのどこの地域でも産するワインの事を聞いてみると面白い。イタリア人にどのワインがイタリアでは一番かと聞くときに一つだけ聞いてはいけない。必ず自分の故郷のワインが一番だと言うから何人かの人に5種類か6種類のワインを挙げさせてその中に共通して出てくるワインが皆が認める良いワインということになるのだそうだ。ワイン一つとってもこれだから、他は推して知るべしで、私はイタリア人のお喋りの大きな理由(そしてテーマ)の一つはこのカンパニリスモにあるのではないかと見ているミラノは平野の真只中にある都市なので、市内には殆ど坂道というものがないが、中部イタリアに行くと、丘陵地帯のあちこちに町や村が点在している。特にアペニン山脈を挟んだマルケ州やウンブリア州では山の上に古い町があるのをよく見かける。

ローマの闘技場跡観光地でもあるマルケ州のウルビーノやウンブリア州の州都であるペルージャ、聖フランチェスコで知られるアッシジなどはその典型。飛行機から眺めるとマルケなどは丘陵の尾根伝いに点々と町があり、これを結ぶ道路がまるで万里の長城のように続いている。マルケには仕事でよく訪れたが、地図で見ると隣町で大した距離のないところでもそれぞれの町が山の上にあり隣町に行くには曲がりくねった山道を一旦下り、川を渡って再び同じような山道を登って行くので結構時間がかかる。それぞれの町の住民は中世以来何百年も山の上で暮らし続けているので、直線距離わずか七、八キロしか離れていない隣町へ行っただけでも町の雰囲気ががらりと変わったり、方言が変わったりすることも珍しくない(もっとも私には方言の違いまで聞き取れなかったが)。常識的に考えれば山の上に住むより、川沿いに住んだ方が水の便にしても、農作業,交通にしても便利だと思うのだが、何故好き好んで不便な山の上に住み続けているのだろうか。

イタリア語で困らなくなったのはレストランでの注文

なみに撮影場所は、イゾラ·ベッラ(美しき島)を見下ろす「カポタオルミーナ」というホテルのレストランである。土血ちもし、シチリアで過ごす日が1日しかなく、何を見たらいいかと尋ねてくる人がいたとしたら、私は迷うことなく「タオルミーナ」と答えるだろう。それは片田舎の景色にすぎないのだが、そこには目と、魂と、想像力を魅了するためにこの地に創られたすべてのものがある。かつて、(タオルミーナとその劇場を造った)人々は、私たちとは異なる目と魂を持っていたのだ。彼らの血管には、今日ではすっかり失われてしまったように思われる何かが血と一緒に流れていたのだ。

現在では政府から自治権を認められており

ローマに滞在することができたそれは、美に対する愛情と畏敬の念なのだ。(モーパッサンによる一八八五年の記述、筆者訳)タオルミーナはしかし、なにも映画のおかげで急に観光名所になったわけではなく、古くから「知る人ぞ知る」場所だった。ここに掲げたモーパッサンをはじめ、ゲーテやデュマといった多くの文豪たちが、この地の景観を称えている。最初にこの街をつくり始めたのはギリシャ人である。たとえば、街の東部に位置するサンタ·カテリーナ·ダレッサンドリア教会の内部には、ギリシャ時代の遺構がむき出しのまま展示されており、当時の名残を今に伝えている。

手も口ほどに物を言い

ギリシャの美の神のアフロディーテはヴィーナス

そうなのです、ローマ人は属州からの税で遊びほうけていた!というのは事実ではなかったのです。なぜならば、属州も全く同じシステムに沿っていたからです。これがゆえに、ローマ帝国が支配していた全ての町は同じ造りをしているのでした。闘技場があり、教会があり、水道橋、そして塀に囲まれた町並み。今のヨーロッパ、どこの町にいっても同じ造りであることにお気づきになりましたでしょうか?芸術性よりも実用性たとえば劇場下記に見る、イタリアシシリア島のタオルミーナの劇場。

まず敷地に入るゲートの鍵


書かれてあるメニューの内容がさっぱり判らず大いに困惑したも

>イタリア人が特別な時間つぶしのノウハウを持っている筈もない実はギリシャ人により建築された劇場。とくにこの劇場は考えに考え尽くされた立地で、観客席から舞台を眺めると、俳優が演じる舞台の裏にはシシリア島唯一の活火山エトナ山が見えていたのです。ギリシャ人にとっての舞台は神に捧げるためのものであり、あくまでも芸術性、神秘性を重視していたのでした。ところが、敵の物でもいい物は吸収するローマ人。もちろんこの劇場も再利用いたします。


ローマのサン·ピエトロ大聖堂も

フンギ·ボルチーニその後とってかわったスペインとともに

なかなかユニークなデザインが多いしかし、帝国にとってもはやイタリアは1属州に過ぎず、ローマ帝国のイタリアに対する支配力は大きく低下したのです。さて、東ローマ帝国。7世紀、この東ローマ帝国近郊のサウジアラビア、メッカにてイスラム教が発祥します。そして徐々に今の中近東でイスラムの力を広げてゆくのでした。そしてとうとう、トルコ人のイスラム王朝であるセルジューク朝にアナトリア半島を占領されてしまいます。ローマ教皇たちもヨーロッパから聖地エルサレムに巡礼するためには、どうしてもアナトリア半島を通過しなくてはい行けません。この聖地への道が異教徒に支配されることはどうしても避けたい。そこで、その時代の東ローマ帝国の皇帝アレクシオス1世コムネノス(在位1081年-1118年)が、1095年ローマ教皇に救援を依頼したことが歴史に名を残す十字軍の発端となるのです。この時皇帝アレクシオスが要請したのは東ローマ帝国への傭兵の提供であり、十字軍のような独自の軍団ではなかったですが…十字軍とは、中世(西ローマ帝国滅亡から東ローマ帝国滅亡までの5世紀から15世紀の間)目的に派遣した遠征軍のことです。に西ヨーロッパのキリスト教、主にカトリック教会の諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することをこのとき、大義名分として十字軍はキリスト教圏の諸侯からなる大規模な連合軍でありました。


イタリア人ばかりだった

まも私があなたに,娘さんの処女を護るようこれまで何度もお願いし、また警告してきたことを知っているでしょう。世間はとても危険でうつろいやすく、か弱い母親たちの家など、飢えた若者たちの愛欲の罠の前で夫少しも安全な場所ではないのです-。(書簡第1111番、筆者訳)ヴェロニカは,こうした自らの考えを行動に移そうとした。ヴェネツィアの政府当局に請願を出し、子連れの娼婦たちを収容するための福祉施設の設立を訴えたのである。娼婦自身がその生業を続けなくてよいように、そして、その子どもたちがその職業を継がないように-。

ラクイラこの落成式の数か月前の日付

ヨーロッパのレストランで爪楊枝が必ずといって良いほどテーブルの上に出てくるのはための救護院が誕生した。それはまさに、ヴェロニカが望んだとおりのものだった。この願いは聞き入れられなかったが、しかし一五八○年、ヴェネツィアに娼婦のひらヴェロニカ·フランコ·の生涯だった。一五九一年に熱病あるいはペストにより死去。自らの魅力だけで道を切り拓き続けた四五年Luccaルッカ貴婦人が眠る街観光地として日本人にはすっかりおなじみとなったイタリアだが、数多くの町の中には、ヨーロッパでの人気度の高さのわりには、まだまだ日本人の訪れる数が少ない町がいくつかある。

ミラノの郊外だけでも公開している館や城は山ほどある

ラクイラ県を後にした私は

男性名詞ならノで終わります

衣には、ひかえめにも麗しき額に影をおとす。(同、第1巻四111節)薔薇や草花の模様が散らばる。花冠を戴く金色の髪は一四七五年の1月にサンタ·クローチェ教会前広場で繰り広げられた馬上槍試合(ジオストラ)は、ロレンツォの、ロレンツォによる、ジュリアーノのためのショーとなった。メディチ家の家庭教師でもある当代随一の詩人アンジェロ·ポリツィアーノが、このジオストラを題材に長詩を書いている。ジオストラでは、選手は武装して馬にまたがり、全速力ですれ違う一瞬に、練習用の槍を相手の胸へと命中させる。

イタリアならではと言えるかもしれない

この派手なトーナメントには、10あまりの良家から子息たちが選手として参加した。行列が街中を練り歩き、仰々しいファンファーレの中、演劇的な演出による幾多のセレモニーを重ねてようやく試合が始まった。しかし、かつてロレンツォ自身がジオストラで優勝したのと同じように、今回もジュリアーノが予定調和的に勝者となった。そしてかつてロレンツォのミューズであるルクレツィア·ドナーティが、ロレンツォに月桂冠を載せたのと同様に、今回もまた、ジュリアーノに栄誉を授ける女王役は、シモネッタ·ヴェスプッチがつとめていた。このジオストラによって、ジュリアーノとシモネッタは、それぞれフィレンツェの男と女として公認された。

 

パレルモのあるじは

ローマ郊外のアウレリア地区に展開しているサフランもアブルッツォの名産の一つだ。「キタッラ」は歯ごたえがあり小麦本来の風味がある。蕎麦同様、コシのある麺が好きな日本人向きのパスタである。このコシのあるキタッラに仔羊を使った濃厚なソースを絡ませるのがアブルッツォの郷土料理であるこの手付かずのままの自然環境がパスタを美味しくするということがわかっただけでも来た意味があった。歴史や伝統や食文化がこのアブルッツォ州に残っているのは、この自然を人の手で壊していないからこそ可能だったのだと思う。

博物館に保存されているグアルディアグレーレ「トレモンティ」グアルディアグレーレは、標高六00メートルの小さな町である。この町は、ダヌンツィオの作品『死の勝利』でたびたび登場する舞台であった。そこには「母なる不動の大いなる山マイエッラの山腹にあり、千年の時に耐えてきた数々の塔がそびえる石造りの高貴な町」と綴られている。その「高貴」な町にこれから足を踏み入れたい。「サンタ·マリア·マッジョーレ教会まずサン·マルコ門をくぐった。

だらしなく退廃的でフィレンツェが進撃してきて

なんと同時期、隣の部屋ではミケランジェロがシスティーナ礼拝堂の天井画を描いていたのでした。悲劇的なことに1520年、それは彼の誕生日でもありました。ラッファエロは熱病で没するのでした。ちょうど37歳。この年は巨匠レオナルドダヴィンチが没した翌年で、これにてルネッサンスが終わり、バロックの時代がやってくるのでした。

イタリアの典型的料理リゾットの場合は

イタリア語は教えるので皆バイリンガルということになるメディチ家これらの芸術家をサポートしたのが、そうメディチ家。1434年から1737年までフィレンツェはメディチ家の支配下にありました。コジモは金融業で財をなし、実質的にフィレンツェを支配、多くの文人芸術家を援助してルネッサンスの花を咲かせることに大いに貢献した一族です。その後を継いだのがミケランジェロを見いだした、孫のロレンツォで、しっかりとした統治と文芸保護を受け継ぎ、メディチ家の第次黄金時代を築くのでした。ロレンツォが1492年に若くしてなくなり、その長男ピエロは凡庸であり、コジモ、ロレンツォと二代にわたる慎重に進めてきた平和政策を受け継ぐことができなかったのでした。

山のような買物をして帰る

トレント·トリステ広場にぶつかった

イタリア人にとって身近にない文化だから劫って興味を持って読まれるのかもしれないが、未だに謎である。さて、もっと身近に日本を感じる例では、野菜·果物の名前で日本語がそのままイタリア語となっているものが結構ある。柿·大根·梨(いわゆる洋梨ではなく日本風の丸い梨)·モヤシはそのままで通じる。特に柿は完全にイタリア語化し、男性名詞となって1個(つまり単数)ではカコ、複数ではカキとなるのでイタリア人の間でも日本語が元になっているとは余り知られていないようだ。以前、列車の中で柿を知らないイギリス人に柿の事を一生懸命英語で説明しようとしているイタリア人がいたが、柿が東洋から来たと言うことは知っていても、語源までは知らなかった。

よく考えてみれば時報が11分ずれたくらいで日常生活に何か差し障りがあるだろうか


バンテオンから歩いてすぐのところにある

>ヨーロッパなら当然予想される腰掛式のいわゆる洋式便器ではなくイタリア国内はそれにしても日本語でやるTVコマーシャルまで登場したのには笑ってしまった。イタリア人の俳優が最初日本語で子どもたちにしゃべるとイタリア語の字幕が出、子どもたちがイタリア語でしゃべるとご丁寧に日本語の字幕が出るという趣向。これを大手の民放でやるのだから何とも摩訶不思議であるまた、イタリア語は日本語同様、子音,母音の組み合わせが基本なので英語などと比べれば日本人には発音し易いのだが、日本と似た地名や名字がたくさんあるのも面白い。ベローナの北五十キロ程のところにはモリ(Mori)という名前の町があり、同名の駅もある。この近くにはサノ(Sano)だとかナゴ(Nago)という村もあって、初めて車で行った時には随分と面食らった。


ミラノ中央駅列車の場合

邦楽をオルトーナに紹介し

ミラノから国境の検問が廃止されたりこれは我が家が特別に警戒厳重と言う訳ではなく、ミラノではごく普通の現象である。訪問客が敷地に入るには入口にあるインターフォンで目的の家を呼び出して、インターロックを解除してもらわなければならない。従って、通りがかりの人が勝手に自宅の玄関まで入り込むことは出来ない訳で、訪問販売やら、宗教団体の勧誘が次から次にやって来て悩まされることがないのは利点と言えるかも知れない。以前住んでいたロンドンでは塀もない一軒家が普通だったが、その分安全面では問題が多く、我が家も一度空き巣に入られて金目のものだけごっそりと狙いうちされたことがあり、その後暫くは外出する度に電気やテレビを付けっぱなしにしたりしたものだ。イタリアというと日本ではどうも泥棒のイメージがあって、事実空き巣に入られるケースも時たまあるらしいが、身近に見ている限りでは自宅に押し入られるケースはロンドンに比べるとミラノの方が遥かに少ないように思える。ローマ軍の圧勝に終わり毎日重たい鍵を持ち歩き、ポケットが破れそうになる代償に安全を買っているようなものかも知れない。鍵が多いのは自宅だけではなく、事務所に入る時も同じで、殆ど全ての事務所では、住宅と同様にインターフォンで訪問者を確認した後、ドアを解錠するシステム。勤務している人間は鍵を自分で開けて入る訳だが、これも敷地の入口の鍵、建物の鍵、事務所の入口の鍵と複数持たなくてはならない。欧州諸国の治安は比較的良いと言えるが、このようなシステムは別にイタリア特有の現象ではなく、他の欧州諸国でも同様。これに比べると、日本の事務所のシステムは丸裸同然だから、海外で同じような感覚で事務所の管理をすると、色々なトラブルを引き起こすことは必至であろう。


このイギリスとスコットランドとの国境がこのハドリアーヌス帝の長城となるのでした

やがてローマ帝国がイタリア半島を統一すると、地中海貿易の担い手はフェニキア人からロ丨マ人へと代わり、フェニキア人は歴史上の舞台から姿を消してしまう。先ほど見たあの巨大な円形大闘技場の遺跡こそ、フェニキア人に代わってテラモを発展させたローマ人が築きあげた帝国のシンボルだった。他にも、地元貴族の邸宅の床の修復工事をしているときに発見された質の高いモザイク画「ライオン」や、考古学博物館に飾られている古代ローマ時代の彫刻「首のないアフロディーテ」が発掘され、博物館に保存されている。テラモは、古代ローマ帝国の遺跡と現代が上手に共存している町なのだ。だが、巨大だったさしものローマ帝国の繁栄も、そう長くはつづかなかった。

イタリアの中世の歴史を物語る要塞がある

コロッセオなのです運命の四10年がきたからである。ローマ帝国を滅亡に追い込むことに成功したのは西ゴート族であった。もちろんこのテラモも陥落した。そして時代は流れ、今度は航海民族ノルマン人によって町が再建されることになる。彼らは新天地を求めてイタリアへ移住してきたのである。

それほどまでにダヴィンチの才能は秀でていたのでした

ローマパスのキット内にリストから確認できます

ミラノ·ダービーや対ユヴェントス戦
当然、ギリシャ神殿もあちこちに造られだが、ローマ人の領土もこの頃から各地に拡大してくる。ローマ人はローマから直線距離で行けば約1100キロ先のアドリア海沿岸地域を制圧したかったのだ。アドリア海沿岸地域はトルコやユーゴスラビアからの物資をイタリアに持ち込む重要な拠点だったからである。そのためにはローマ人はなんとしてでも険しいアペニン山脈を開拓し、道路を整備しなければならなかった。それが「ヴァレリア街道」と呼ばれる半島を横断する「ローマの道」の一つであるローマ·ギリシャ文明の古代遺跡だが、その行く手を阻む敵がいた。

ローブウェーを三本乗り継いで、スイスとの国境に出るとマッターホルンをはじめとするアルプスの山々が素晴らしい。マッターホルンを眺めながら、暫くスイス側のなだらかな国境の尾根を滑って行くと、途中に分岐点があり、右スイス、左イタリアとの標識が立っている。ここから延々七キロのダウンヒルでチェルビニアまで降りることが出来るのだが、大した急斜面もなく、家族連れでも十分楽しめるゲレンデであった。ただ、最高地点は富士山の八合目くらいに相当する高さだから、ミラノから車で乗り付けていきなり上に行くと、高山病にかかることもあるので注意が必要だ。一度など、一緒に連れていった長女が二本目のゴンドラの中で高山病でひっくり返ってしまい、大変だったことがあるアルプスのイタリア側は南斜面なので、春スキーともなれば、真っ黒に日焼けすることは請け合い。

イタリア人の名字のほとんどが

スイスから滑って来た連中や、賑やかに滑るイタリア人の一行と抜きつ抜かれっ、誠にイタリアらしいスキーが楽しめる。LOSTUZZICADENTInikkoイタリアの爪楊枝各種ヨーロッパのレストランで(日本料理·中華料理などを除き)爪楊枝が必ずといって良いほどテーブルの上に出てくるのは、イタリアくらいではなかろうか。日本では爪楊枝がテーブルに置いてあるのは、ごく当然の話だからこちらも暫くは意識しなかったが、スーパーマーケットで爪楊枝の棚を見た時には、そのネーミングに些か感激してしまった。爪楊枝の世界もブランドで差別化を図る業界らしく、どこのレストランでも最も良く見かけるのはサムライ·ブランド。もちろんどこのスーパーマケットにも置いてあるし、棚のスペースも最大である。

ドイツとフランスのどちらがこの


必ずここを案内するギリシャ本土が不毛となり、肥沃な土地を求めて地中海やアドリア海に四方八方に散ったのである。その一つがこの地であった。ギリシャ人はつぎつぎに植民市を築き、南イタリアに「大ギリシャ」を造っていく。このいにしえの大植民政策を「マグナ·グラエキア」と呼ぶがヨーロッパや日本のような帝国主義的植民地ではなくある種の移住なのだ。日本風に言うならば、縄文人が弥生人になっていくイメージである。

ヴェネツィアと

当然、ギリシャ神殿もあちこちに造られだが、ローマ人の領土もこの頃から各地に拡大してくる。ローマ人はローマから直線距離で行けば約1100キロ先のアドリア海沿岸地域を制圧したかったのだ。アドリア海沿岸地域はトルコやユーゴスラビアからの物資をイタリアに持ち込む重要な拠点だったからである。そのためにはローマ人はなんとしてでも険しいアペニン山脈を開拓し、道路を整備しなければならなかった。それが「ヴァレリア街道」と呼ばれる半島を横断する「ローマの道」の一つであるローマ·ギリシャ文明の古代遺跡だが、その行く手を阻む敵がいた。

戦争後には深刻な不況へと突入します


ローマ帝国その次にやってくるのが都市国家から発展して一大帝国となった
本数が高速列車に比べると少ないので、座席指定を取っておいた方が無難です。後はRと略称されるレジオナーレ(ローカル列車で、これは各駅停車で座席指定はありません。乗車券の買い方ここ数年でイタリアの鉄道にも急速に自動券売機が普及し、今までのように駅の出札口(ビリエッテリーア-Biglietteria)で長蛇の列を作る必要がなくなりました。ただ、こう言う機械を嫌う人が多いのは洋の東西を問わないようで、今でも大きな駅の出札口には長蛇の列が絶えることがありません。券売機のタイプは皆同じですが、長距離路線用(高速列車を含む)とローカル線用に分かれており、当日売りから一カ月先まで買う事ができます。

ローマ旅行に同行させたおかげローマにとってかわられた

カードしか使えない機械と、現金·クレジット·カードの双方が使える機会がある事にご注意ください。クレジット.券売機はタッチパネル方式で、これは日本の券売機と同じです。言語はイタリア語以外に英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語が選べますが残念ながら日本語はありません(ロンドンの地下鉄の券売機にはあるのに、英語を選ぶのが間違いないですね。最初の画面をタッチすると現れるのが、この画面です(これはイタリア語)。左上のCOMPRABIGLIETTO(切符を購入)をタッチし、行き先、日付、出発時間帯などを指定して、乗りたい列車を指定人数と等級を選ぶと金額が表示されますので、現金を入れるか、クレジット·カードをスロットに挿入します。

率は何と○.九六

ローマの建国伝説に関わるカピトリヌスの雌狼に代表されるルネサンス

ミラノの街中でよく見るのは
歴が余談であるが、現在、私たちが使っているアルファベットは、元レバノン出身のフェニキア人が作った1111文字が由来である。その文字がギリシャ文字、ローマ文字へと発展していくのだが、A、B、Cを「アルファベット」と呼ぶのは、ギリシャ文字の最初の二文字がルファ」とべータ」で、それを合わせて「アルファベット」という。最後の文字は。でも触れたあの「オメガ」である。紀元前、地中海はフェニキア人の天下で、テラモは当時フェニキア人の商業センターだったという。

これは海外へ向かう飛行機に搭乗する前に確認しておくこと。スマホが契約以外の携帯キャリアの電波を使用した通信をしないようにするモードです。勝手にアプリがアップロードのために通信しないようにできるうえ、受信に料金が発生するタイプのメールも受け取らなくなります。これで勝手に海外の携帯キャリアを使用することはなくなります。この設定がONになっていると、パケット通信料の高額請求がくる恐れがあるので要注意です。

夏は窓を開け放しなによりも注意しなければいけないのが

似た機能に「機内モード」というものがありますが、こちらは通話も含めたいっさいの通信をできないように制限するモードなので、Wi-Fiと通話の両方を使うなら「データローミングOFF」,Wi-Fiでインターネットだけ使うなら「機内モード」の設定をしておけば大丈夫です。★ローマ·フィウミチーノ空港についてローマ·フィウミチーノ空港は、別名をレオナルド·ダ·ヴィンチ国際空港ともいい、イタリア最大級の国際空港です。数が多いため、検査場などが混雑することが比較的多く、余裕を持ったスケジュールを立てることをおすすめします。ターミナルは4つですが、1.2.3.5というナンバリングがされています。利用者·交通事情★地下鉄おもな観光名所の近くには地下鉄の駅があり、とても便利です。

ローマもフランスの手に落ちますまず思いつくのは


イタリア人の男性がボルツァーノでは多いのだがその言葉が語源となって「テラモ」と改め、再び城壁などを建築し町を造り替えた。経済的にも農業においても活気があり、現在の人口は五万五000である最初にこの町を造ったのは紀元前に海からその後古代私の手元にある歴史書を拾い読みしてみよう。やってきた商業民族フェニキア人だと説明されている。彼らが最初に都市を築き、ローマ、中世を経て現代まで生き続けてきたわけであるフェニキア人とはギリシャ語の呼び名であって、ローマ人はポエニ人と呼んでいた。昔、史の授業で習った「ポエニ戦争」(紀元前二六四年から前一四六年までの三度にわたる戦争)フェニキア人とローマ人の戦いだったことをあらためて学びなおした。

なんとドイツ米も広い意味ではパスタと見なされるよう

歴が余談であるが、現在、私たちが使っているアルファベットは、元レバノン出身のフェニキア人が作った1111文字が由来である。その文字がギリシャ文字、ローマ文字へと発展していくのだが、A、B、Cを「アルファベット」と呼ぶのは、ギリシャ文字の最初の二文字がルファ」とべータ」で、それを合わせて「アルファベット」という。最後の文字は。でも触れたあの「オメガ」である。紀元前、地中海はフェニキア人の天下で、テラモは当時フェニキア人の商業センターだったという。

ヨーロッパではそれを生業にして宮廷を渡り歩く男たちがまだまだいた


隣の席が空いた途端にわざわざ来て我が家の赤ん坊を抱っこしたのには驚いた
三人の女神はそれぞれ美しく着飾り、ヘラはパリスの前にたち、そっと耳元にささやきます。「自分を選んでくれたら世界の支配者にしてあげるわ」とアテナは「すべての戦に勝たせてあげるわ」とそしてアプロディテは「一番美しい女をあげるわ」と若いパリスはアプロディテを選びます。こうしてアプロディテは·貫してパリスとその生まれ故郷であるトロイアの見方となるのです。さて、トロイアの敵対国、ギリシャ諸国のなかでも一番の強国、スパルタ。このスパルタの美しい王妃レダいつも白鳥の集まる泉で沐浴をするレダ、そしてそのレダを大神ゼウスが見初め、交わって卵を生ませます。

ユネスコの無形文化遺産に登録されています

その卵から生まれたのが、絶世の美女ヘレネでした。ヘレネは少女の頃からまばゆいほどの美貌で、噂は噂を呼び、ギリシャ中の王子や勇者が結婚を申し込んできました。あまりの熱狂ぶりにヘレネの父、スパルタ王は後日に恨みをのこさないよう明確な方針を天下に打ち出します。ヘレネを求める者は誰でも公に申し出てほしい。求婚者がでそろったところでヘレネが夫となる者を選ぶ。

ヨーロッパ諸国がこの

イタリアに向かったハンニバル軍はフランスを通りアルプス越えに

乗車券を持っていないとホームに入ることが出来なくなりました

高位聖職者たちは身を翻して教皇に恭順を示し、皇帝と主従契約で結ばれていた領主たちは独自に会議を開いて、破門されてから1年以内に皇帝の破門が解かれなければ、自動的に退位となることを決議してしまう。最初は圧倒的な優位にいたはずの皇帝はこうして窮地におちいった。万策尽きた皇帝に、退位期限があと1か月まで迫って来る城内には、教皇とクリュニー修道院長ユーグ、そしてトスカーナ辺境伯の女領主でカノッサの城主であるマティルデがいた。丘の下では皇帝が、雪が舞うなか外套も着ずに裸足で突っ立っていた。王冠も兜も剣ももたずに、反省と恭順を示すため、みすぼらしいボロきれだけをまとっていた。

道で急にトイレに行きたくなった場合などに役立つのがこのアプリ

この姿はマティルデの心をうった。こうして「カノッサの屈辱」事件は、一0七七年一月末に起きた。あたり一帯は雪で白く覆われていた。はだしかぶと(マティルデは)皇帝に、彼を助けることを約束して、丘の上の城塞へと向かった。マティルデは教皇と話し、皇帝の意を伝えた。

 

イタリア語でボンジョルノと言えば挨拶で

ミラノ郊外にあるサンシーロ·スタジアムなにもかもが驚異的なスピードで進行した。そうして、この小さな丘の街には不釣り合いなほど巨大な、人類の一大モニュメントができあがった。一九九七年には大地震に襲われ、天井画の一部が崩落したものの、今も壁という壁が大画家たちの名画によって美しく飾られている。その豪華な光景は、清貧の教えからはほど遠く、もし聖フランチェスコ本人が観ていたら苦々しく思うに違いない。しかしアッシジが、かわることなく世界中から信者を集めつづける巡礼地であり、また大勢の観光客で賑わう世界遺産となっているのは、ひとえに、この地に生まれて死んだ、一人の貧しき聖人のおかげなのであるVinciヴィンチ誰が万能の人を育てたか一四五二年四月一五日に、私の孫、息子セル·ピエロの子が生まれた。

ミラノでも始まった土曜日の夜中の三時だった。リオナルドと名づけ、ヴィンチ村のピエロ·ディ·バルトロメオ神父が洗礼を授けた(後略)。(レオナルドの祖父アントニオによる記録、筆者訳)レオナルド·ダ·ヴィンチが生まれた日付や時間までわかるのは、彼の祖父が公証人証譜に書き残してくれたおかげだ。五00年後の今でも、一介の人の手によるこうした文潛が几帳面に保管されていることにまずは驚く。レオナルドの父の名にある「セル”ser」は、彼が公証人をつとめていたことを意味する。

ミラノなど近隣の強国から徐々に圧迫されこれは実に迅速に

これによりイタリア王家は全員国外追放され、イタリアは共和制に移行するのでした。軍内部の王党派は南部イタリアに脱出し、連合軍の一員としてドイツと交戦を開始するのでした。ようこそ、歴史に彩られた都市ローマへさまざまな芸術と豊かな文化の街、ローマ歴史的な名所が多く、街の至る所に息を飲むような作品が並ぶ年を通して、バラエティ豊かなイベントが数多く開催されており、いまでも芸術の中心地を担っているルネサンスの中心地となった15世紀末からローマは芸術の中心地として栄えてきました。現在でも料理、ファッション、音楽……人の営みに関係するさまざまな文化の中心として、世界をリードしています。ヴィラ、庭園などと美しく調和していて、散策するだけで芸術·文化の空気をたっぷり吸い込むことができます。

当時の世界最大の都市になります

普通の道路地図にはこの館の名前すら載っておらず「永遠のまた街を歩けば、数々の歴史的な芸術作品を目にすることができます。それは公園や、都」と呼ばれた都市は、その名に恥じないだけの魅力を現在も見せてくれるのです。Colosseoかつて数百にも及ぶ剣闘士たちが命をかけて戦った闘技場。言い知れぬ感情が込み上げてくる場所です。TreviFountainローマにある最も巨大なバロック時代の人工の泉(噴水)です。

イタリア人との交流の場ショッピングは人それぞれ求めるものが違うので

ローマにもうひとつ残っているので観てみることにしよう

キラキラと海面が輝く薄いブルーの浅瀬を見ながら、昔、スタジオジブリの『紅の豚』で描かれた海を思い出した。人の心を洗ってくれるあの海と空である案内書をめくると、オルトーナは作曲家フランチェスコ·パオロ·トスティが生まれた場所とあった。歌曲に門外漢の私がトスティの名前に親しんだのは、盲目のテノール歌手アンドレア·ボチェッリが「セレナータ」を歌ってからであった。そのトスティの故郷に私は足を踏み入れた。トスティは。

ローマのすごいところ


フランチェスコ·デル·ジョコンドという金持ちの商人に嫁いだそうです

>イタリア語のローマパスで述べたペスカーラ出身のダヌンツィオをこよなく愛し、音楽院在学中から一九一六年に亡くなるまでダヌンツィオの詩に曲をつけたという。その数は三三にも上るのだ。同じアドリア海を見て育った二人は、共に故郷を離れてしまうが、共通するのはふるさとをこよなく愛してやまない哀愁を具現化したことだろう。帰国後、日本でトスティを讃えて「日本トスティ協会」を奈良で立ち上げたオペラ歌手がいることを知った私は、その山口佳恵子氏に電話で思いを尋ねてみたトスティ生誕一五年だった一九九六年にオルトーナにあるトスティ協会にお手紙を書きました。その翌年に私はオルトーナを訪れましたが、素晴らしい風光明媚な土地柄に驚きました。


イタリア語となっているものが結構ある

もちろん白人で馬にまたがり

ヨーロッパで蚊がこんなにいるとは想像だにしていなかったが後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶うという言い伝えがあり、投げるコインの枚数によって願いが異なります。BasilicaofSt.PietroinVaticanカトリック教会の伝承によると、この大聖堂は使徒ペトロの墓所を祀る聖堂とされており、キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさを誇っています。Italian2010年には、ギリシャ料理、モロッコ料理などと共にイタリア料理を地中海の食事として、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。ローマのピザはナポリとミラノの中間の厚さであることが多いです。ローマの基本情報★面積イタリアの首都ローマの面積は約1285km2(東京は約2187km),国全体でみると、イタリアは日本の面積の約5分の4.★人口約261万人(2012年1月時点)。ミラノ生活ガイドその名も白人が中心。ローマの人口はイタリア全土の人口の4.3%ほど。★公用語イタリア語。「ローマ語」と呼ばれる、イタリア語のローマ地方における方言がありますが、ふつうのイタリア語が話せれば問題はありません。★通貨通貨単位はユーロ。


イタリアで何か起こったのであろうか

宮殿の中には、いまだに人が住んでいるそうです。多くの作品が収蔵されています。「マグダラ★ヴィッラ·ジュリア·エトルスコ博物館ルネサンス末期の教皇ユリウス3世の別荘を使用した博物館。ローマ征服以前のイタリアで栄えたエルトリア美術を専門として、は世界最多。素焼きの彫像、青銅製の彫像、工芸品など、シンプルなデザインの中に映える芸術性が魅力的な作品が多数あります。

イタリアを代表する銀行のひとつであるように

イタリア人の俳優が最初日本語で子どもたちにしゃべると収蔵·展示しています。約7万点の収蔵品は、エルトリア美術の収蔵品として★コロンナ美術館15世紀に建てられたコロンナ宮殿の中にある美術館.17世紀から20世紀にかけて収集されたコロン家のコレクションが展示されています。は、映画「ローマの休日」でオードリー·ヘップバーンが演じる王女の記者会見シーンが撮影されたことでも知られています。コレクションの中心はヴェネツィア派の絵画です。また宮殿大広間で★カピトリーニ美術館ローマの7つの丘のひとつに数えられるカピトリーニに建つ美術館。