子供を持つ

子どもは何人ほしい

大学生にアンケートをしてみて
陽太はどちらの面にある時も、自信があふれてしっかりその二つの面になりきってたと思うでもおなかの中は、辛くて、辛くて、張り裂けそうだったと思うのもし、淡々とこういうことを母親が陽太に言って心の目をさました自分になってやれるなら、陽太はしーんと黙ってしまい、心も体も動かない静まりを続け、やがて大粒の涙を流して、天地をふるわせる慟哭をはじめたりするでしょう。陽太君と一緒に、陽太君の母どうこく
親も大粒の涙を落とすでしょう。いや、親としての辛さに身もだえするでしょう。
いじめって、人の心の弱さの象徴なのですよ。いじめ問題について万人が芯まで理解できる解説は、まだ世に出ていません。

「陽太、あんた、すごく陰険なイジメの番長だって?ほんとう?今まで私にだけは正直に何もかも言ってくれてたじゃないの。正直に言ってよ。まさかそんなこと、あるはずがないと思うけど。もしそんなことが本当なのだったら、私、パパにどう言おう?パパ、落胆すると思うわ」
オレ、イジメたりするもんか
「ほんと?そうよねぇ。そんなことしてたら、あんたのこと腹立てるより、おまえは何をしてたって、ママがパパに怒鳴られて、大変なことになる!ねえ、言って。本当はどうなの」

ハ、ハ、ハ·してないって。気にしない、気にしない。いったい誰がそんな根も葉もなぃことを言いふらしてんだろうと、あっけらかんとした言い方で、陽太自身が腹を立て、ママ、他人の言うことのほうが、わが子の言うことより正しいと信じるのかい?
「そうねえ。そうよね。

子供が大きくなればなるほど

パパの仕事は敵が多いっていうし、私のことをやっかんでる人も近所にはいるし、どうしても少し目立った働きがあると、すぐこれだから」で息をつぎ、「卑怯極まりないったらありゃしない。陽太、気をつけなさい。うまく行ってる人を、うらやんでひがんでおとしめようと思っている人って、世間には多いんだから」と嘆けばはーい、ママと賢ぶっていい返事。他人事だと、読んでいても変だと思いますね多少ともこういう裏表のはっきりした傾向が、わが子にもありそうだと気づいた親にしっかり伝えたいのは、それじゃあ、どうしてわが子の二面性をほどいてやるべきかということです。

子どもから情報を聞き出そう


経験したことがなかった。子供が思うはずもありません。よくよく人の話を聞いて、子が徹底的にウソを言い張っていると認めざるを得ないのなら、責めてはいけない。正直に言ってくれと懇願するのも、こだわらせるだけですね。親が率直、正直これしかないと思いますしっかり固まった土くれは、よほど水をかけても、はじめはうわべを流れるだけ。じっくりじんわり何回も何回も水をかける。またしてもかける、というように、こんなふうに対応する。

陽太、私、大変なことに気がつきはじめてる。あなたに随分ひどい負担をかけていたいったい、なんのことを言ってるの?分からないよ、ママ

そりゃ、とまどうよ。私が目の前で見てきた陽太も正真正銘、本当の陽太。番長もどきの徹底的ひどさで弱い者いじめをしていた陽太も、正真正銘の、本当の陽太どちらが本当の陽太なの。さあ言って、という言い方と正反対の表現です。両方あわせて、全部が陽太のすべて。私は陽太がいとしい。私は気づかずに、両極端を使い分けさせてしまった。

中学生という難しい年頃の不安定な時にこそです。

陽太はどちらの面にある時も、自信があふれてしっかりその二つの面になりきってたと思うでもおなかの中は、辛くて、辛くて、張り裂けそうだったと思うのもし、淡々とこういうことを母親が陽太に言って心の目をさました自分になってやれるなら、陽太はしーんと黙ってしまい、心も体も動かない静まりを続け、やがて大粒の涙を流して、天地をふるわせる慟哭をはじめたりするでしょう。陽太君と一緒に、陽太君の母どうこく
親も大粒の涙を落とすでしょう。いや、親としての辛さに身もだえするでしょう。
いじめって、人の心の弱さの象徴なのですよ。いじめ問題について万人が芯まで理解できる解説は、まだ世に出ていません。

母さんが買ってくるから萌と咲と三人で食べよう。


先生という職業自体がたくさん
私が先年出したいじめをほぐす朱鷺書房は黒柳徹子さん、山田太一さん、もうすでに鬼籍の人となられた小児の百科の松田道雄先生、その他幾人かの人に、巻表紙にこれはいじめの問題のわかる本だと賛を書いてもらったのに、私自身の力がなくて、多くの方の目には届かなかったみたいです。私の力不足がどこにあるかが、私にはまだ見えてこない。それが無念ながら現実というものですね
先生との相性が悪い場合の工夫それぞれ、人生って、習慣や取り決めがある基本的に行きあたりばったりですね。
運、不運がありますものね、正直言ってなるようにしかならないというのも一面の真理だし、運命は自分が拓くものというのも、小学、中学、高校の担任って、お見合いシステムで相手を選ぶように、あなたにふさわしい先生を選べたらいいのにね。

子どもたちと話をしたり遊んだりしている

でも、現実には、そういうことにはなっていないですね我慢しなくちゃならなかったり、また逆に大当たり!と喜べることもあったりねと何かのついでに率直に語りあっておく。そんな機会が、家族団らんの際には必要なのだと思います世間一般には、時、所、場所に応じた習慣や取り決めがあって当然ということを、小さいうちからもっともっとわきまえさせておかなければならないと、いろんな子どもの様子を見ていて思うのです。
人間が複数で存在して一緒に生きている限り、どの集団や組織や暮らしにも、必ずみんな納得し承知しているルールや決まりがあるのです。みんなそれに従うことが当然なんですねあなたの所属は00先生担任の年△組と決められるのまず普通の小中学校などでは、が普通でしょう。


子供が思うはずもありません。 父親として私はどうするかということでした。 両親の部屋でいっしょに寝ることが望ましいのです