Post_icon

五月人形の由来と兜飾り

5月5日は子供の日ですが、正式には端午の節句として奈良時代から祝われてきました。

この日には子供の成長と幸せを願って5月人形を飾ります。

五月人形には外飾りと内飾りに分けられますが、外飾りにはは鯉のぼり、内飾りには兜飾りと鎧飾りがあります。

兜と鎧は戦いの多かった長い武家社会において自分の身を守るものとされ、大切な役割がありました。

この精神を受け継ぎ飾られるようになったということです。

また、赤ちゃんの身代わりとして厄を受けるものとされているので、一人一飾りとなっています。

一般的にはお嫁さんの実家から贈られますが、今日ではかわいい孫のためにと両家で折半されることも少なくありません。

飾る時期は遅くても4月中旬ぐらいからで、成人まで毎年飾ります。

家族で男子の誕生を祝い、また強く立派に成長し、幸せになることを願います。

兜飾りは最近ではコンパクトなものも多く出回っており、マンション住まいなど置く場所が限られてる場合におすすめです。

横手人形オンラインショップ | 五月人形(鎧飾り・兜飾り)の通販ページ

 

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans