世界の人びとを温かく迎える聖母マリアであることに変わりはない

ジェノヴァからやってきた絶世の美女と恋仲になるのに

仕方なく十五分に一本しか走らない深夜の地下鉄を乗り継いで帰宅したことがある。イタリア語でストライキのことをショペロというが、であるショペロと言う言葉を聞くと背筋がぞっとする今日この頃本当か嘘か知らないが、イタリアでは放送局の設立が比較的自由とのことで、テレビもラジオもやたらに放送局が多い。日本もテレビの放送局はVHF,UHF,衛星と数多いが、イタリアでも国営のRA-三局の他に民間大手が数局、それ以外に地元の中小局がそれこそ数限りなくある。衛星放送を除けば全てUHF放送で、電波の到達距離が限られている割には直線距離で六十キロ離れたスイスの山の中の放送も見ることが出来、バラエティーに富んでいる国営·大手の放送局の番組は世界中どこでも似たようなもので、ニュース·スポーツ·歌番組やショーなどが中心だが、中小局になると電波が弱いせいか、はっきりしない画面に、日がな一日通信販売の紹介をする局(なぜかレオタードの女性が登場する健康器機とペルシャ絨毯の宣伝がやたらに多い)、大昔の映画を外国語の部分も吹き替えなしで放送する局(時々日本の古い戦争映画をやっていたりする)など様々で、中には毎週「どらえもん」を放送している局もあってこれはイタリア語の勉強に丁度良い。先日は、土曜日の朝たまたま早く起きたら、日本の歴史シリーズのような漫画番組で義経と弁慶の物語をやっており、安宅の関や弁慶の立ち往生の話をやさしいイタリア語で解説していたのが面白かった。

ローマ屈指の高級ショッピング街です


イタリアも日本と並んで出生率の低さでは世界で一二を争う国

>ローマのような都会ならミラノで不思議なのは、FM局がびっしりと軒を接して放送していることだ。FM放送に使用している電波帯が広く、日本ではテレビ放送に使用している電波帯もラジオに使っている事もあって自分のラジオで試してみたらミラノ市内の自宅で四十局以上聴取可能だった。クラシックやロックの専門局もあり、RA1はニュースやスポーツ番組が多いといった違いはあるものの殆どは大同小異で、これでどうして共存していけるのか全く不思議である。但し、それぞれの局は国営放送も含めて電波は弱く、車で高速道路に入り十分も走らぬ内に聞こえなくなってしまう。また田舎に行くと、人口数千人の小さな町でもFM放送局があって、地元のレストランやカーディーラーの宣伝をしている。


イタリアのことなので

イタリアの役所で何か手続をしようと思えば

イタリア北部のサロに曲がりくねった道はとても狭く、家々の屋根を伝って下へと続いていた。もしそれらのことを家と呼べるなら、だが。(中略)むきだしの岩肌を壁にした薄暗い洞穴のなかには、ボロ布がかけられた、みすぼらしい家財道具とベッドがあるきりだった。床には、犬と羊、ヤギや豚が寝そべっていた。どの家でも、男も女も子どもも家畜も、洞穴のひとつに皆が住んで一緒に寝ていた。レツィアが詩人へ贈った金髪の房も保存されているこのようにして、二万人もの人々が暮らしているのだ。(カルロ·レヴィ、『キリストはエボリにとどまりぬCristosièfermatoaEbolir一九四六年、筆者訳)戦後すぐ世に出たレヴィの本によって、イタリアの人々はマテーラの洞窟住居のことを初めて知った。彼らは、マテラの人々の暮らしぶりにショックを受けた。大戦に対する反省もあって、イタリアの近代化を急ごうとしていた多くの人々の目には、それは葬り去るべきイタリアの恥部」として映った。さかのぼ人々に”前近代的“とみなされたのも無理はない。


アオスタ州に入った途端に地名がフランス語のつづりになり

そんな時代、なんと日本はまだ縄文時代。ローマ市がローマ帝国を創ったと言われる所以です。ポエニ戦争さて、この時代の共和制ローマのライバルはカルタゴ。ではカルタゴとは?北アフリカ、今のチュニジアの首都チュニスに位置したカルトアダシュト、新しい都市という意味であり、カルタゴは地中海の東端に位置するフェニキア(今のレバノン)の植民地でした。フェニキア人は航海に長じ、商売の大変丈夫な民族。

イタリアのルビコン川で立ち止まったのでした

サルデーニャはスペインハプスブルグ家の支配化に入り貿易でもうけるには販路先、つまり植民地があった方がやりやすいと、カルタゴを建築したのです。イタリア語読みがカルタゴとなるのです。カルタゴに移り住んだ彼らは、農業を営みました。現地の住民を使っての奴隷制大農業でぶどう、オリーブ、果物などを作ったのです。人口は増えに増え、20万人、30万人と増えてゆきました。