子どもを社会的な存在ととらえ

小学校のころよりも家にいる時間が短く

叱った後は叱られた嫌な気持ちを、カラッと爽やかに切り替えさせる、こんなタイプの先生なんじゃないでしょうか。
大切なのは子どもののびのびとした明るさ、その子のいいところをしっかり認めてやること。日頃から自分のよいところをしっかり評価し、認めてくれている大人に叱られると子どもの心には
叱られた意味がちゃんと届くのですね。
·プラスを認めてやることだけに徹するアメリカ大リーグで超人気のイチロー。そのお父さんのチチローさんは、叱ることより感嘆の声をあげることによって、あのしなやかで率直で、いつも平常心のイチローの性格を培ってやったということです。
なんでもない時や、ずいぶん下手な投げ方や打ち方をした時には、はい次、はい、次
と練習の流れにつきあってやるだけです。
先生になれる。

子どもに食べさせている食べ物について

だのにオーッ、それだ。やるねぇ。うんと、いいところでしゃんと感嘆の声をあげる。いいところだけ声をあげてやったそうなのですよ認められたことは、暖かく誇らかに繰り返し思い起こすことができるので、たちまち「今のあれだな。ようし、ねえ、父さん、まだ明るいよ。あれ、もう十回繰り返してためしておく。練習もう少し、つきあっていいでしょ」と、自らの心のひろがりのために、イチロー自身が、ひとりでに打ち込んでいく様子だった、とチチローさんが語っておられるのを、何かで読みました。
もう、そうなると、叱ることなんてなかったのでしょうねたとえ十回にたった1回でもさて、十回のうち、九回は明るく認めてもらえて、一回だけきちんと注意されたという場合には、その忠告には否が応でも耳を傾けることになってしまうものです。

 

子供が軌道を外さないよう

心がこちらに向いているなと分かれば、忠告するほうも、くどくどと嫌味な言い方などしなくなっています。いや、たとえ十回のうち、九回までがダメで、いいのはたった一回きりという時だって、九回の非難はぐっとおさえて、一回のよいところをこれはしっかできていると評価してやる。できないところが多くて落ちこみがひどい時には、効きますよこれは確かにいいけど、いいのは十回に一回だけではねぇというような調子で嘆きなじる代わりに、1回でもよしであれば、それをよしよしと誇らしく認める。するとその1回が誇らしい力となって、自らの細胞分裂で増殖がはじまるように、1回が11回に
なり、11回が四回になるのです。
よし

を責めるより、
を認めるのです。
両親の部屋でいっしょに寝ることが望ましいのです
子どもは決して珍しくはないのです。

先生をしていた時にも私

九のを認めてやると自然に心がほぐれます。
一回のそんな心意気で一回のやり直す気が自然に湧く叱っている時は、知らず知らずのうちに声も表情も暗くなりがちですね。
険しいくどくどしさって、相手を嫌な気持ちにさせます。さあ、やり直そう!という気持ちが自然と湧いてくるのは、気持ちを持ち直すことですから、暗く険しくてはダメなのです。
間違ったことをしでかした子を激しく叱責し、もう二度としませんと、誓いを繰り返させているのを見かけます。私は、それには賛成しかねます。穏やかにこう言って、しっかりと心の奥の方向性を再確信させればよいのです「誓いや約束を繰り返すことなどしなくていいことばで聞くよりも、実際にまたやるかやらないかだからね。

育てるだけでなく

あとあとの行為を見れば分かる。すっきりやらないように変えるなんてことは、そう簡単なことでない。また繰り返すかも知れない。その時は、ことばでではなく心の中で、もう繰り返さないようにと自分に声をかけておけ。そうすれば、しだいにしないことが当たり前になっていくよ。大丈夫」
くどくど叱るのは、叱られる者にとってよく響かないのです。

荒れる子の荒れる原因が分かる切なさ

不機嫌この上なしの日々なんでこの頃あんなに不機嫌なのか、分からない
と思う時
子どもを社会的な存在ととらえ

中学校時代など


「どうしてそんなに暗い顔をして、何も言ってくれなくなったの。
ねえ、どうして」
と率直に尋ねても、子どもがすぐに答えてはくれませんね。
「この頃、態度が悪いぞって、オレばかり先生が叱るんだ。分かってねえんだよ。
くるのは、川井と茂山ばかりなのに」
仕掛けてなどと、自分の困り事を誰かに陰で話しているようなら、そう問いかけることが心を閉じ込ませる糸口になっているのですね。問いかけてもムッとするばかりで答えてはくれない時って多いのです。気持ちが整理できないで落ちこんでいる子どもは、そういう問いかけに答える気にはならず、むしろ嫌気を起こして