手も口ほどに物を言い

ギリシャの美の神のアフロディーテはヴィーナス

そうなのです、ローマ人は属州からの税で遊びほうけていた!というのは事実ではなかったのです。なぜならば、属州も全く同じシステムに沿っていたからです。これがゆえに、ローマ帝国が支配していた全ての町は同じ造りをしているのでした。闘技場があり、教会があり、水道橋、そして塀に囲まれた町並み。今のヨーロッパ、どこの町にいっても同じ造りであることにお気づきになりましたでしょうか?芸術性よりも実用性たとえば劇場下記に見る、イタリアシシリア島のタオルミーナの劇場。

まず敷地に入るゲートの鍵


書かれてあるメニューの内容がさっぱり判らず大いに困惑したも

>イタリア人が特別な時間つぶしのノウハウを持っている筈もない実はギリシャ人により建築された劇場。とくにこの劇場は考えに考え尽くされた立地で、観客席から舞台を眺めると、俳優が演じる舞台の裏にはシシリア島唯一の活火山エトナ山が見えていたのです。ギリシャ人にとっての舞台は神に捧げるためのものであり、あくまでも芸術性、神秘性を重視していたのでした。ところが、敵の物でもいい物は吸収するローマ人。もちろんこの劇場も再利用いたします。


ローマのサン·ピエトロ大聖堂も

フンギ·ボルチーニその後とってかわったスペインとともに

なかなかユニークなデザインが多いしかし、帝国にとってもはやイタリアは1属州に過ぎず、ローマ帝国のイタリアに対する支配力は大きく低下したのです。さて、東ローマ帝国。7世紀、この東ローマ帝国近郊のサウジアラビア、メッカにてイスラム教が発祥します。そして徐々に今の中近東でイスラムの力を広げてゆくのでした。そしてとうとう、トルコ人のイスラム王朝であるセルジューク朝にアナトリア半島を占領されてしまいます。ローマ教皇たちもヨーロッパから聖地エルサレムに巡礼するためには、どうしてもアナトリア半島を通過しなくてはい行けません。この聖地への道が異教徒に支配されることはどうしても避けたい。そこで、その時代の東ローマ帝国の皇帝アレクシオス1世コムネノス(在位1081年-1118年)が、1095年ローマ教皇に救援を依頼したことが歴史に名を残す十字軍の発端となるのです。この時皇帝アレクシオスが要請したのは東ローマ帝国への傭兵の提供であり、十字軍のような独自の軍団ではなかったですが…十字軍とは、中世(西ローマ帝国滅亡から東ローマ帝国滅亡までの5世紀から15世紀の間)目的に派遣した遠征軍のことです。に西ヨーロッパのキリスト教、主にカトリック教会の諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することをこのとき、大義名分として十字軍はキリスト教圏の諸侯からなる大規模な連合軍でありました。


イタリア人ばかりだった

まも私があなたに,娘さんの処女を護るようこれまで何度もお願いし、また警告してきたことを知っているでしょう。世間はとても危険でうつろいやすく、か弱い母親たちの家など、飢えた若者たちの愛欲の罠の前で夫少しも安全な場所ではないのです-。(書簡第1111番、筆者訳)ヴェロニカは,こうした自らの考えを行動に移そうとした。ヴェネツィアの政府当局に請願を出し、子連れの娼婦たちを収容するための福祉施設の設立を訴えたのである。娼婦自身がその生業を続けなくてよいように、そして、その子どもたちがその職業を継がないように-。

ラクイラこの落成式の数か月前の日付

ヨーロッパのレストランで爪楊枝が必ずといって良いほどテーブルの上に出てくるのはための救護院が誕生した。それはまさに、ヴェロニカが望んだとおりのものだった。この願いは聞き入れられなかったが、しかし一五八○年、ヴェネツィアに娼婦のひらヴェロニカ·フランコ·の生涯だった。一五九一年に熱病あるいはペストにより死去。自らの魅力だけで道を切り拓き続けた四五年Luccaルッカ貴婦人が眠る街観光地として日本人にはすっかりおなじみとなったイタリアだが、数多くの町の中には、ヨーロッパでの人気度の高さのわりには、まだまだ日本人の訪れる数が少ない町がいくつかある。