経験が今はじまったば

勉強するとかテレビを見ながら何をするとい

子供の方からは非常
まわりの父親の友人たちが、ほう!っといっせいに声を上げ、と、はじめから自信がつきますよね。やる気にもなります。
拍手する。
これだ毎日の気持ちの積み上げがプラスの方向か、マイナスの方向かの違いが、大きな向きを決めるのです。最初の印象的な評価が、子どもののびのびさにつながったり、逆にこわばりをさそったりするのです。
クラス会は会食のあとカラオケ大会でした。
いい歳になってから、初めて挑戦したカラオケ。
おずおずと声を出したら、意外にまわりの聞き手が拍手してうまいじゃん、声いいね
と感心してくれた。

口々にへえ、信じられない!
会場中に響きます。
中学の三十五年ぶりのクラス会です。
清滝和子さんといえば、中学の頃からスポーツ万能で、男まさりで、クラスの中で、いわゆるしきり屋さん
と誰からも認められていました。
クラスの中だけでなく、一学年が+クラスというマンモス中学で、県で優勝したバレボールのアタッカーの清滝といえば、学校中知らない者はいませんでしたその清滝さんのことばにしては、本当に意外だったのです。
親の血を引くとはよく言われますが、親がスポーツ感覚に優れた才能を有していれば自然と子どもも似て、その筋に進んでゆくという例が多いのは確かです。
ところが、そうでないことも結構あるのです。

母乳語らしいものをやらない

意外にも、親が反面教師に大ざっぱに二分すれば、親に似た傾向の能力や趣味を持つ子どもと、まったく対照的に親と反対の方向に育っていく子がいますね。
この対照的な違いは何から生じるのでしょうか。いろいろな場合があるでしょうが、基本はそれこそ私がこの本にしばしば触れるマイナス思考とプラス思考の違いだと思うのです。生まれつきの違いだとは思えないのです本当に物心もつかないうちからですよ。まだまだ年端もいかないのに何となく親が自分に対して、やっぱり私の子なのねなどと納得した安心のことばや態度で接してくれると心がほどけて温まり、親の関心の方向に、知らず知らず自分の意欲が向いていくのは自然ですね。
それと反対に、自分が自然にやった一動作をびっくりしてあきれたように眺められて「どうしてそんなふうでしかないの?情けないね。いいからもう一度やってごらん」と、軽視や落胆の態度で注視される。すると、心が固くこわばってしまい、手先がどうにもぎこちなく動くしかない。

子供に接したほう


子どもに多く見られるのが実母さんの意地悪!そういう悪循環が毎日続くとなると、親がこちらに目を向けた途端に、心も体もこわばるばかりになりがちなものです。
ね。こういうマイナス思考の積み重ねで、親の得手なことが極端に、自分は苦手になるという、つまり親が何かにつけてとんでもない反面教師になってしまうことってあるのですよ·のびのびと、文句なしに「ねえ、みんな。やっぱりわが子なんだよな。
そこで思いっきり振るんだぞ」
光一のバットの振り方、見てやって。
光一、このクラス会は、清滝さんの思いつきらしく、母校の教室で日曜の昼下がりからはじまった集まりでした。おしゃべりやなつかしの運動場で時間を過ごす計画だったのです。
平本茂平さんは、初孫の光一君を連れてきていたのです。二歳とちょっと。かわいくておばさんたちに遊んでもらって、元気のよい声をあげ、そこら中を走りまわっていました。
野球帽をかぶり、オモチャのバットを片時も離したことがありません。
オーレと平本さんがボールを投げてやると、可愛い孫がビューンと思いきりオモチャのバットを振ります。

高校まで義務

まわりの父親の友人たちが、ほう!っといっせいに声を上げ、と、はじめから自信がつきますよね。やる気にもなります。
拍手する。
これだ毎日の気持ちの積み上げがプラスの方向か、マイナスの方向かの違いが、大きな向きを決めるのです。最初の印象的な評価が、子どもののびのびさにつながったり、逆にこわばりをさそったりするのです。
クラス会は会食のあとカラオケ大会でした。
いい歳になってから、初めて挑戦したカラオケ。
おずおずと声を出したら、意外にまわりの聞き手が拍手してうまいじゃん、声いいね
と感心してくれた。

子育てについて考えてみました。


母がいなくなったためにえって
それがきっかけとなって、どんどん歌いこむようになり、何年かたっとカラオケは自分の得意のジャンルになっていた、という宇谷健太さんは、歌いっぱなしです学校での不本意な思い出その宇谷さんはこう話します小中学校の歌の時間が、死にたいと思うほど、私の恐怖のひとときでね。
辛かった。
みんなの前で歌わされる試験が、だめだなぁという顔を、どの学年の先生も一様にするんだもの。ひどい時は、「次は宇谷か。おまえは声を出すより、かけっこだよな。まあ、順番だから、歌うか」って。
歌うことにつけては、おまえは除外、という態度だった担任もいた。もっともその前の学期末には、「もっと声を出せ。運動場での健太とまるで違うじゃないか。なぜそんなにぐにゃぐにゃした姿勢なんだよ。背筋をしゃんと伸ばして」と、あきれ果てられ、何回もやり直しさせられて、すっかり声が出なくなったんだ。

先生を好きになると授業中にも飛び出して行って

先生もそれを思い出して、やれやれ、あの宇谷の番か、ということだったんだろうな、と今にして思うのです。
だって、私に歌わせよう、私の歌を聴いてみよう、なんて、私の親は思いつきもしなかったさ。だいたい、歌うなんてこと、男きょうだい三人の私の家ではまるで無縁だったもの。
カラオケなんて、げてたんだ私は嫌なものがはやりだしたな
と、はじめの二、三年は、逃お得意先の接待をすっぽかすわけにいかなくて、いやいやながら、渡哲也のなしの花を歌ったら、投げやりで歌ったその一曲に、拍手が湧いてね
くちハハハ、それからは病みつき。


母さんの意地悪! 太極拳教室だと子供が参加できる 子どもがその目標を見つけることができるよう